買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

Seals in action グレナダ侵攻作戦

今回は某所からのリクエストにお応えして、1983年に行われたアージャントフューリー作戦、いわゆるグレナダ侵攻におけるNavy Sealsについて書いてみようと思います。
ベトナム戦後、初の大規模な軍事行動となったグレナダ侵攻作戦ですが、Sealチームはどのような作戦行動をとったか、書いてみようと思います。

背景

カリブ海に浮かぶ島国グレナダは、1974年にイギリスの植民地から独立しました。
当初独裁政権を強いた政権は1979年クーデターにより倒され、人民革命政府「グレナダ」をモーリス・ビショップが樹立します。
その後イギリス式の民主主義を非難し、東側に接近する構えを見せていました。
(当時アメリカ合衆国は、プエルトリコでグレナダ侵攻を策定した演習を行っている)
1983年10月13日、ビショップ首相が急進的な共産主義者であるバーナード・コード副首相を担いだハドソン・オースティン人民軍司令官によって監禁され、後に混乱の中ビショップ首相は射殺されます。
20日、当時のアメリカ大統領レーガンはグレナダへの侵攻を決定します。
理由として、キューバ及びソ連がグレナダに介入している事、グレナダの民主主義を守る事、グレナダにいるアメリカ人学生の安全を守るためという事でした。
Grenada_Invasion.jpg


1983年10月23日D-day(-2)
SEALチーム6は、ポイントサリンズ国際空港を偵察する為に行動を開始しました。
Point_Salinas_International_Airport,_Grenada
*ポートサリンズ国際空港

予定される米陸軍レンジャー部隊の空挺降下を正しい位置に誘導する為にビーコンを設置する事と、空港の偵察を任務として与えられました。

C130から海上へ昼間の降下が予定されていましたが、予定の遅れが大惨事を引き起こす事になります。
夜間風速10mを越える嵐の中、C130輸送機の後部から荒れた海上に11名のSEAL隊員と1名の空軍CCT隊員がパラシュート降下をしていきますが、そのうち4名のSEAL隊員がパラシュート索に絡まったのか身に着けた装備が重かった為なのか、海に引きずり込まれるように溺れてしまいました。
残った隊員達はゾディアックボートに乗り溺れた隊員を必死に捜索しますが発見できず、結局任務を続行する決断をします。
海岸に上陸する寸前、敵のパトロールボートを回避するためにゾディアックボートを操舵しますが、この時に船外機が故障してしまい立ち往生してしまいました。
結果残った隊員達は任務の遂行を断念、支援艦艇への集合場所までパドルを漕いで移動する事となりました。
*結局、4名の隊員の遺体は発見される事は無かった。

1983年10月24日(D-day -1)
グレナダ侵攻作戦にて他の上陸予定海岸を偵察する為に、SEALチーム4の隊員が任務につきました。
島東部のパール空港近くの海岸を調査し情報収集する為、嵐の中ゾディアックボートで進んで行きます。
seals-crrc.jpg

敵の巡視艇の監視を避け、上陸予定の海岸に到着後2名の隊員が海岸偵察を行い、嵐のため敵軍が海岸に存在しない事を報告しました。
SEALチームは偵察を続行し、翌日の海兵隊の上陸まで監視活動を継続して行い、任務を遂行しました。

1983年10月25日(D-day)

大惨事に終わってしまった事前偵察以外に、SEALチーム6には2つの任務が課せられていました。
グレナダ総督府Scoon卿の救出と、地元ラジオ局の占領確保。
Scoon卿を救出後、事態を鎮静化する為にラジオ局でScoon卿によるラジオ放送を行うという計画でした。
重要な問題として、このような作戦を行う為の情報がほとんど与えられていませんでした。

総督の邸宅の近所にブラックホークヘリコプターのファストロープによる降下を行い、邸宅を速やかに制圧し、Scoon卿が邸内に隠れているのを発見しました。
Fast Rope

Paul Scoon
Sir Paul Scoon

他の隊員は邸宅周囲を掃討しますが、そこでグレナダ政府軍とキューバ軍による反撃が開始されました。
SEALチームはScoon卿と家族を邸内の安全な場所に避難させると、包囲した敵軍との銃撃戦が始まりました。
ここでキューバ軍の武装した数名の兵士が近づきますが、SEAL隊員により即座に射殺されます。
間もなくBTR-60装甲車が2両邸宅の門に近づき、邸宅へ銃撃を加え始めます。SEALもM72ロケットランチャーで迎撃しようとした所、BTR装甲車は別の場所に移動してしまいました。
本来ならここで優勢な航空支援を受けれるはずが、ブラックホークヘリコプターの中に長距離無線機を置き忘れてしまい、チームが唯一外部と通信できる手段が近距離用のMX-360ラジオのみとなり、それも次第にバッテリーが無くなってきました。
海兵隊のAH-1コブラ武装ヘリコプターが2機敵の対空砲火により失われ、外部との通信手段も失われあわやという所でした。
7f06f8f6c8b677deca1d645196c6f792.jpg

邸宅の内線電話を使い司令部と通話し、AC-130ガンシップの航空支援を要請しなんとか邸宅を確保する事ができました。
AC-130USAFtopview.jpg

翌朝、一晩中邸内に立てこもったSEALチームですが、海兵隊フォースレコンの救援を受けScoon卿と家族を無事避難させる事ができました。

一方、ラジオ局に向かったグループは大きな抵抗も無く建物を制圧し、Scoonn卿が来るまでラジオ局を占拠する態勢を整えました。
ですがグレナダ軍はBTR-60装甲車を繰り出し、一般人に偽装したグレナダ軍の兵士20名がラジオ局へ接近しますが、SEALはそのグループを射殺します。
BTR-60PB_03.jpg
敵の圧力が増大する中SEALはラジオ局を確保しようとしますが、また更に1台のBTR装甲車と3台のトラックが50名近くの政府軍兵士を増援として連れてきました。
BTR60装甲車の重機関銃がラジオ局の正面玄関を打ち砕き、SEALチームも撃ち返す弾薬が尽きてきました。
ここでSEALチームの指揮官は主な任務であるラジオ局の確保を諦め、代わりに送信機の破壊を行い猛烈な銃火の下撤退を試みます。
脱出ルートの途中にある草原を跳ねるように走り追われながら、SEALチームはなんとか海岸へたどり着きます。
数名の隊員が負傷していましたがグレナダ軍の追撃は厳しく、一行は海に逃げ込みました。
そして救助が来るまで海上を6時間の間泳ぎ切り、一人の犠牲者も出さず生還する事ができました。

003 ST-6 Grenada 1983

グレナダにおける作戦行動は、SEALにとって散々な物でした。
今まで上陸作戦には十分な準備期間が用意されていましたが(朝鮮戦争での仁川上陸作戦は半年間の準備があった)、10日前後の準備期間で情報が不足した状態で投入された事も要因の一つになるでしょう。
Scoon卿救出作戦で犯された愚かな失敗もありましたが、SEALにとり学ぶ事ができた失敗でした。


*クリント・イーストウッドの「ハートブレイクリッジ」で有名なグレナダ侵攻作戦ですが、今回あえて特殊部隊、SEALに絞って書いてみました。
同様に陸軍の特殊部隊であるデルタフォースも、事前情報が無いままヘリコプターに搭乗したまま各個撃破されてしまい、これといった活躍をせずに終わってしまいます。(エリック・ヘイニの本に詳しく載ってます)
ですがこの失敗を学び、後のパナマ侵攻や湾岸戦争で活躍していくのは皆様ご存じかと思います。

次回は何を書こうかな...いい加減このシリーズ以外にも軽くてくだらないの書こう。。。そうだ、次回はそうしようw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ガルパンの見どころの話は?。笑

  • 2016/03/08(火) 00:28:48 |
  • URL |
  • 559N #n4jaW67w
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

559N殿

いつもコメントありがとうございます!

> ガルパンの見どころの話は?。笑

ガルパンについてですが、近日中にある企画で記事を書く予定です(笑)

  • 2016/03/08(火) 10:49:47 |
  • URL |
  • 物欲 #-
  • [ 編集 ]

執筆ありがとうございます

グレナダの記事ありがとうございます!
四名が溺れたのは有名ですが、放送局からの離脱等大変興味深かったです。
走って海に逃げる辺り映画『NAVY SEALs』を彷彿とさせますね。
※勿論チャーリー・シーン版


今後も湾岸、イラク、アフガンとこのシリーズから目が離せません。

  • 2016/03/14(月) 05:47:26 |
  • URL |
  • リクエスターQ州 #buI3a3AE
  • [ 編集 ]

Re: 執筆ありがとうございます

リクエスターQ州 さま

特に資料も存在せずめんどくさいリクエストをありがとうございます(笑)
極秘任務であった為か写真もロクに残っておらず、正直ラジオ局と言われている画像を載せたかったのですが判別がつかなかったのであえて載せませんでした。
でもラジオ局の裏は草原で、これじゃあ包囲された後命からがら逃げ出さざるおえないというのがわかります。
別の書籍だと、ラジオ局の占拠と維持は部隊規模の大きいレンジャーがやるべきだったという意見もありました。
自分もこれから色々調べていきますが、九州にいるSOGコレクターの方がやっているブログの更新が昨年より途絶えているのが心配です。
Q州さん、ご存じありません?

  • 2016/03/14(月) 11:34:32 |
  • URL |
  • 物欲 #-
  • [ 編集 ]

けしからんQ州人ですね!

\(^q^ )
捜しときます。

  • 2016/03/14(月) 21:44:52 |
  • URL |
  • リクエスターQ州 #buI3a3AE
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://slaphead.blog.fc2.com/tb.php/163-25a9196e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ