買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

SEALベストとSEALコートのお話 2

SEALベストからの改良点

 若干の改良がおこなわれました。スナップはフラップの下に隠れて通常のボタンと取り換えられました。
装備を付けるための2つのナイロンループは、マガジンポーチより上に加えられました。
救急キットを付けるためのタブが改良されました。
 両そでにあったマガジンポーチは肩に移動し、肩の後方に4つマガジンポーチが配置されました。それより小型のポーチがコンパスや応急手当キット、またはタバコを入れるために袖に縫いつけられました。
左袖にポケットの横にあったペンシルポケットを追加しました。
 オープンサイドのシームは閉じ縫い付けられ、肩プリーツを排除しました。
最終的に浮き袋を挿入するための2つの開口部はフラップとスナップボタンを得て、ベルトループの下に移動しました。

FloatCoat02.jpg
いわゆる、通常のERDLカモジャケットにマガジンポーチを縫い付け、浮き袋が収納できるように改造を施したライフルマンコートの誕生です。
SEALベストで両腕に付けられたマガジンポーチは、腕が動かしずらく邪魔という事で現地では切り落とされる事が多かったのです。
これでSEALベストと同様、M-16の20連マガジンを16本携行できるようになりました。

 戦地からの要請で、同様のコンセプトでグレネーダーコートと無線手用のラジオマンコートもネイティック研究所で製作されました。
基本的にライフルマンコートと同じデザインで、当時SEAL隊員が愛用していたXM-148グレネードランチャー用の40mmグレネードを収納できるポーチをマガジンポーチの代わりに取り付けられたグレネーダーコート。
FloatCoat03.jpg

 ラジオマンコートは、コートの背中に当時標準的に使用されていたPRC-25が入る大きさの開口部を開け、使用者はTシャツを着てPRC-25を背負いその上からコートを羽織るという形で使用しました。
SEAL_COAT_2.jpg

実戦での評価

 1969年に満を持してベトナムに投入されたSEALコートですが、SEALチーム1・2、UDT21・22に支給されました。
この後、SEALコートがこれ以上支給されたかどうか定かではありません。
コートが支給されてすぐ、隊員たちはコートを改造してしまいます。

○襟をカット
○袖をカット

SEALコートをベストにしてしまったのです。

理由は何点か。

○ 今まで使用していたSEALベストの運用が上手くいっていた。
SEALベストはいわゆるライフルマンベストと、マガジンポーチを取り払い救命胴衣のようにし、弾帯を容易にたすき掛けができるようにした機関銃手用の2種類存在しましたが、隊員が各人の好みで色々なベストを製作し使用していました。
1017453_1955693441323151_6892304489008847665_n.jpg
FloatCoat01.jpg

944088_1956013344624494_2871288085563549237_n.jpg
IMG_8861.jpg
写真提供 East Asia Supply co.
Thank you!

 現地の兵がライフルマンベストにグレネードポーチを縫い付けたモデファイ(改良)Verですが、East Asiaサプライ様が製作しました精工なリプロ品の写真をお借りしました。
同様に、M-16の20連ではなく30連マガジンを収納できるように改良したりと、さまざまな形のベストが存在しておりました。

○装備の交換や投棄が困難であった
 SEALは作戦行動中、緊急時には装備を投棄し離脱する事が許されていました。
SEALコートはアイデアは大変良かったのですが、もしコートを着用している隊員が作戦行動中斃れた場合他の隊員がその役割を引き継ぐのですが、コートを脱がしてしまうとその隊員が裸になってしまうので大変まずいという事になりました。
 同様の理由で、緊急時に装備を投棄した場合、着用者が裸になってまいますからね。
なので迷彩服の上からベストを着用した方が投棄もしやすいという事で、コートがベストに改造されました。

○特殊部隊でM-16の30連マガジンが普及していた
 コートが支給された1969年当時、M-16の30連マガジンの使用が特殊部隊で広まっていました。
ネイテック研究所で作られ支給された官給品は、20連マガジンを収納するマガジンポーチでした....

他にも色々理由がありますが、ベトナム戦争にてSEALコートの使用例はあまり見られずに終わってしまいました。

nwq06.jpg
向かって右側の隊員。グレネードコートをベストに改造したものを着用している所に注意。

例外として、タイガーストライプジャケットでライフルマンコートを製作したものも存在します。
12368996_1942694819289680_2426137074966942342_n.jpg
12369222_1942694825956346_7080988221273373858_n.jpg
12391776_1947637058795456_7595350947606589830_n.jpg
12391858_1947637095462119_7204001058840785664_n.jpg

 これもEast Asia Supply社で製作されたものですが、実際に存在しているライフルマンコートのリプロ品です。
これはM-16の30連マガジンを8本携行できるように作られており、ERDLのライフルマンコートと作りが違います。
現在日本総代理店のクラッシファイドさんで絶賛発売中です(限定生産なのでお早目に)

 SEALコートは決して人気のある装備とは言えませんでした。ですが3つの要素を1つにして装備の重量を腰回りよりもむしろ胴全体に配分し、目立つライフプリザーバーを保護して偽装し、通常の標準的な装備よりも大量の弾薬を運ぶ事を可能としました。
1980年代までSEALコートは使用され、ある一定の評価を受けたとの話もあります。
(グレナダ侵攻作戦の際にも使用されたとの話あり)



My presentation will end here.





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://slaphead.blog.fc2.com/tb.php/161-711d8401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ