買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダックハンターカモについて書いてみる

とりあえず書きたかったネタを書いてみますよーん

私物欲は、EAの回し者とかby Q州殿)よく言われちゃいますw
タイガーパターンの服ばっかり買っている印象があるのでしょうが、タイガーストライプ柄だけでなく私はダックハンター柄の服も大好きなのです。
sim.jpg
私服で着る服もダックハンター柄のパンツとか、先日ノースフェイスのパーカーも購入しちゃいました。
現在ファッションでもよく見かけるダックハンターパターンですが、今日は歴史を書こうと思います。

1943年、米国陸軍にてM1942ジャングルワンピースが採用されました。
IMG_3322.jpg

フロッグスキン(カエルの皮膚)パターンと言われたカモフラージュパターンで、表は緑系が強く裏は茶が強い柄となっており、リバーシブルで着れるように作られました。
フロッグスキン(ダックハンター)は海兵隊のイメージが大変強いのですが、当初海兵隊は迷彩服を持っておりませんでした。
海兵隊強襲部隊(レイダース)はカーキのシャツを黒染めしたり、M1941ユーティリティコートにペンキで直接迷彩を書いたりと自作で迷彩服を作り、実戦に使っておりました。
そんな時陸軍のM1942ジャングルワンピースの迷彩効果が高いという事を聞き、陸軍司令マッカーサーに海兵隊から直接オーダーをしてレイダースで使用される事となりました。
ジャングルワンピースに関しては過去記事を参照してもらうとして....
迷彩効果は高いのですが、HBT生地は厚いので熱帯ではとても蒸し暑く、おまけにワンピース(ツナギ)なのでトイレに行こうにも全部を脱がないといけないので兵士からの評判は散々でした。
なので海兵隊は独自にM1942CAMOユーテリティコートを採用します。
s-IMG_9813.jpg
これも表と裏がリバーシブルで使えるような設計となっております。
s-IMG_9815.jpg
一方陸軍では、ノルマンディー上陸作戦時に一部の部隊にフロッグスキン(ダックハンター)の戦闘服を支給したのですが、敵のドイツ軍が使用している迷彩と酷似している為誤射が頻発し、あえなく採用が取り消されてしまいました。

太平洋戦線ではカモフラージュ効果の高さが評価され、当初海兵隊偵察隊や狙撃手への限定支給だったのが一般の海兵師団向けへ支給が拡大していきます。
海兵隊は遂に海兵隊全軍への支給を決定しますが、戦局の拡大により全軍への支給は遂にかないませんでした。。

第二次世界大戦後、アメリカのKAMO社がフロッグスキン(ダックハンター)柄の迷彩服を販売、ハンティング用の迷彩服として一般に流通していきました。
s-IMG_9822.jpg
s-IMG_9825.jpg

M1942ユーティリティと微妙に色が違うのが分かりますかな?
s-IMG_9827.jpg
向かって左がM1942 右がKAMO社のダックハンターとなります。

1960年代南ベトナムへの軍事援助が開始され、それに伴い軍事顧問団や特殊部隊の隊員が送り込まれる事となりました。
当時隊員がアメリカのスポーツショップなどからダックハンターカモの迷彩服を購入し使われたり、CIAが取り寄せて支給したとの事。
ちなみにSEALの創設は1961年なのですが、当時部隊長(ST-1)はミリタリーショップからハンティング用のダックハンターカモの上下とグリースガンを購入し、隊員に支給したとあります。
B3QHL5sCYAAiYJf.jpg


ベトナム戦争が拡大するにつれ、アメリカ政府は相互防衛援助計画のもと東南アジア各国に服や装備を発注していきます。(日本製の迷彩服も存在しますよ)
その中でさまざまなパターンや色合いのダックハンターカモが作られていきます。
s-IMG_9817.jpg
自分の手持ちを何枚か並べてみました。柄などが微妙に違うのが分かりますよね。
ベトナム戦争初期には多くみられたダックハンターカモですが、ジャングルなどの薄暗い中では明るい配色のダックハンター柄は目立ちやすいという事で、ベトナム戦争後半ではあまり使われなくなっていきました....

実際にベトナム戦争中での写真を見てみましょう
10850184_1740678566157974_7870304344348447423_n (1)
10436347_1740716619487502_5051804632993712394_n.jpg
10849774_1740692072823290_8891043299068710670_n (1)
10520581_693773187396408_6485514053254307981_n.jpg

ダックハンターカモ以外にも、BEO GAM(ベトナム語で豹)パターンというカモフラージュが存在しております。
ベトナム戦争初期、アメリカから持ち込まれたダックハンターカモを、アジアにアメリカの予算で工場を建てコピーし製造したものであります。
10906043_1801215496770947_5642498325300345550_n.jpg
写真は、EA社より拝借しました。
KAMO社のパターンと若干違うのですが、作る工場により色合いが変わったりと、アメリカ製のダックカモと間違えられる事もあります。

今現在ヤフオクや古着屋さんで気軽に買えるダックハンターカモですが、自分がいつもお世話になっているアカウントを紹介致します。
kogu666さん
実物から製作したリプロの帽子や、結構ツボなNAM小物やミリタリーなどを扱っておられます。おすすめです
あとマメに巡回していると、素敵な出品者様が多くいらっしゃいます。
色々と探してみるのも楽しいですよ。

さてここに一枚のダックカモのジャケットがあります
s-IMG_7429.jpg
これも1960年代~70年代の物なのですが、これを今度魔改造しようと考えております。
それは後日書かせて頂きますね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ダックいいっすね♪

勝手にブログを探りにきていましました ドキドキ!
あっちではお世話になってますwwお忙しいさなか、いつもカマっていただき ありがとうございます(__)
並べてあるダックカモ年代別で変化がありることがわかりました 
レプを一着あり 装備やハットなど どんなテイストで良いか謎でしたので参考にさせてください!
ヤフオクも欲しいものがズラリ カモベレーにアーミーハット 即ウオッチしましたww
イベントでのアホカリ??の記事も読ませていただきました
知ってる人が多いいいことにびっくりしてます!!
これからも 記事に遊びにきますので改めて、よろしくお願いします(__)
 

  • 2015/02/05(木) 19:09:53 |
  • URL |
  • よーいち #-
  • [ 編集 ]

Re: ダックいいっすね♪

よーいちさん

コメントありがとうございます

> あっちではお世話になってますwwお忙しいさなか、いつもカマっていただき ありがとうございます(__)

おぅ、力抜けよ、あくしろよ(こちらこそ、いつもありがとう御座います 意訳)

いえいえ、リプロのダック並べたりして汗顔の至りです
ただ年代で解説しているブログが無かったのでついやってしまいました

> ヤフオクも欲しいものがズラリ カモベレーにアーミーハット 即ウオッチしましたww

こぐさんの所は小物が結構ツボなのですよ。

> イベントでのアホカリ??の記事も読ませていただきました
> 知ってる人が多いいいことにびっくりしてます!!

もしかして、今年お会いできるかもしれませんね!

> これからも 記事に遊びにきますので改めて、よろしくお願いします(__)
>  
こちらこそ、宜しくお願い致します!

  • 2015/02/06(金) 14:55:16 |
  • URL |
  • 物欲 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://slaphead.blog.fc2.com/tb.php/118-30225884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。