買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

アホカリへの道 2014年版

昨年、初めて参加したビッグイベントアホカリプス。
もう一年が過ぎたのですよね。
昨年は雨でイベント中止となり、急遽行われたミニイベントには参加できたのですが、不完全燃焼気味でした。
今年は昨年の教訓を生かし、昨年末より色々と準備をしております。

今回のエントリーはそんな準備の模様を書いてみようと思います。

イベントまであと3週間は切ったのかな?
自分は気が短いというか、神経質というか、持って行く物を並べておかないと気が済まない性質なので、大きなイベント前のこの時期には装備をあれやこれやと組み立てております。

s-IMG_8775.jpg

今回はM60ガナーを拝命しましたので、7.62mm弾を300発体に巻きピストルベルトに最低限の装備を付け、M72LAWを背負う欲張りなガナーみたいな....感じで組んでみました。
サスペンダーをあえて外し、腰回りはゴテゴテと付けすぎないように組んでみました。

フロントに水筒を付けたのはお洒落ポイントです(笑)

お前、ハンドグレネードを持ちすぎじゃねーの?
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。
私は今ベトナムSEALの洋書を読んでおりますが、当時任務において攻撃型グレネードを4発(WP弾含む)は携行していったようですね。
なので無理くりベルトにぶら下げております。
以前のエントリーで、ピストルベルトにグレネードをはさんで携行する方法があると書きましたが、ここで小ネタを披露させて頂きましょう。

用意するもの
Cレーションのスプーン←
輪ゴム(太いの)


e7d65522.jpg

今時Cレーションのスプーンなんて入手困難どころじゃありません(当たり前)
なので、代用としてセ○ンイ○ブンのお弁当のスプーンを使います。
s-IMG_8779.jpg
当時Cレーションのスプーンは全長約12cmくらいなので、長さを合わせて適当にカットし、写真のようにひっかかりを作ります。

s-IMG_8780.jpg
こんな感じでスプーンを裏から当てます

s-IMG_8783.jpg
s-IMG_8784.jpg
こんな感じで輪ゴムでぐるぐるっと巻いて出来上がり
他にもレバーの下をペンチで曲げて、スプーンを使わずに輪ゴムを引っ掛ける方法も御座います。
ako.jpg
と思われるかもしれません
12603578065155B15D.jpg

s-IMG_8789.jpg
イベントで着る服も出してみました(早漏)

当日どの帽子を被ろうかなぁ。。今から悩む所です←
関連記事
スポンサーサイト

豚と呼ばれた子 A&K M60 最終章 後編

後編に入ります。

FirstBlood10_R.jpg
images_20140707165032b4d.jpg
M60というと、こんなイメージを抱かれる方もいるかと思いますが
↑ピンポイントに年代を特定されるの必至ですが...
M60のイメージとしてマシンガンとして大きく、そして破壊力があるといったイメージですね。

ベトナム戦争中の米軍でも重宝されたのは、以前のエントリーでも書かせて頂きました。
ですが、
重い
扱いずらい
故障も多い

という事で、歩兵の間では豚(pig)というあだ名をつけて呼んでいたというのも書かせて頂きました。
ベトナム戦争当時、火力重視のSEAL隊員は、重いM60機関銃を色々とカスタマイズして携行しました。
1459235_567153256725069_1989318271_n.jpg
一番代表的なのは、バレルをショート化してストックとバイポッドを外した仕様ですね。
あとストックを外してゴム製のカップを嵌めてます。


今回リーダーから提案されたのはこれ
m60c1.jpg
m60c_xm2_3067a1-jpg633536160300565545.jpg
IMG_4534.jpg

s-140210_2227~01
s-140210_2227~02

ヘリコプター搭載型M60 M60C型となります
実際陸戦に転用された写真もございます。

今回ひょんな事で実物M60C型ストックが入手する事ができましたので、このプロジェクトを極秘裏にスタートする事ができました(笑)

それにしてもなんでわざわざストック外して使うのか?
A&KのM60のストックですが、重さを量ってみました。
s-IMG_3102.jpg
上 C型用ストック
下 ノーマルM60ストック
s-IMG_3104.jpg
ノーマルストックを測ってみると532g
s-IMG_3105.jpg
このプレス加工されたC型ストックはアルミ製なので112g
実銃のM60ストックですと、もっと重いのですがね。。おもちゃでもこの差が出てきます。
それにバイポットが1kg以上ありますので、併せて外しただけども相当な重量軽減となります。


軽量化を進めるのなら、なんでバレルは切らないの?
という声が聞こえてきましたが、だって人と違うの持ちたいじゃないですかw
あと私は体がデカいので(183cm)、あえてバレルを切らずにフルサイズで運用しようと思った次第

この本体にロックアイランドアーモリー製、ゴム引き100連マガジンポーチを
s-IMG_4654.jpg
付けて...s-IMG_8705.jpg
s-IMG_8734.jpg
こんな感じに出来上がり!s-IMG_8761.jpg
加工してもらったグリップが良い感じとなりs-IMG_8765.jpg
一番の特徴でもあるストックも違和感なく装着されてます。
M60C完成!

完成記念に、一人自撮りを敢行してみました。
s-IMG_4674.jpg
M60ガナー、装備を最小限にしながら携行弾数を最大限にするようなイメージで。
実は背中にM72LAWを背負ってます。

恰好は良いのですが、重い...重いよ....('A`)
8月の本番の前に、もう おうちかえゆ 状態になったのは内緒である...


*今回のM60C製作にあたり、色々な方々からご助力を頂きました。
この場にて、厚く御礼申し上げます!


おまけ
人が物撮りをすると全力で邪魔する我が愛猫
s-IMG_4670.jpg
このパラシュート生地が好きなのか、これを引くとどこからともなく出現してきます......
M60置けないから、さっさとどいてくれ(・´з`・)
関連記事

豚と呼ばれた子 A&K M60 最終章 前編

先日のエントリーからかなり時間が過ぎましたががががが、あの時M60の工作を諦めたと書かせて頂きましたが

あれは嘘だ
いや、嘘をつきました。ごめんなさいw

283c188e.jpg
という訳ではなく、大尉殿に言われためんどくさい加工をしてくれるショップさんを見つける事ができ、お願いする事にしました。

骨董銃具店さま

ネットサーフィンで色々と調べていた所、A&KのM60グリップの加工をしているブログエントリーを発見しました。
では早速とメールで問い合わせてみた所、グリップの加工をお願いできるとの事。
あとA&K M60ユーザーならば理解して頂けるかと思いますが、、あの真っ黒黒スケな塗装!
個人的にはあれはナシな塗装です。おまけに側面には意味不明のナンバリングがペンキでべったり..
塗装はしなきゃと思っていましたが、やはりプロにお願いするのが無難なので塗装もお願いする事にしました。

*A&K M60ベトナムグリップを交換するにあたり、TOPかアサヒのM60ベトナムVerのグリップが別途必要になります
希望される方はオークションやらなにやらで頑張って買ってきてください


細かいメールでの打ち合わせ後、電動マガジンの不具合も発覚したので、

給弾に使うゼンマイ マルイ190連マガジンパーツに交換
モーター タミヤミニ4駆モーターに交換
内部配線 国産の配線に付け替え


もお願いしました。
1か月後

s-IMG_2679.jpg
アサヒM60用のグリップを私が購入して送らせて頂いたのですが、A&Kのグリップと組み合わせてこんな感じの仕上りに

s-IMG_2689.jpg
組み合わせるとこんな感じに。
あの現用グリップじゃダメなのですよ!やはりコレですよ!

s-IMG_2682.jpg
s-IMG_2688.jpg
M60の放熱板も、のっぺりとした塗装からこんな感じに味のある金属の色になりました!

s-IMG_2686.jpg
全景 各部のパーツに塗装が施され、味のある汚しが加えられております。

s-IMG_2691.jpg
コッキングレバーの所の汚し加減、フィードカバーのビスのスレ加減がなんとのいえません..

骨董銃具屋さま、本当にありがとうございます!
と感謝のメールのやり取りをしていたら、アホカリに101空挺で参加されるとの事。
お会いするのを楽しみにしております!

後編へ続く

お知らせ

リンクに
骨董銃具屋店日誌 さま
トイガン便利屋 さま(以前M1ガーランドでお世話になりました)
を追加させて頂きました!
関連記事

EAタイガートラウザースをお直し加工

7月に入りました。
もう1年の半分が過ぎたよ('A`) 

クッソ暑い中、8月のイベントに向けて色々と準備が捗ります。
EA社のタイガーストライプを着て行こうと思っておりますが、ただそれだけじゃ捻りもナニもないので、トラウザースをスリム加工してもらう事になりました。

今回お願いしたのはこちら
Sansou Tactical(橋本ソーイング)
要Facebookアカウント

いつもお世話になっております、遊び友達のさんそう君が始められたお直し屋さんなのですが、値段が棒ショップよりも非常にリーズナブルです。

今回はEA社ゴールドタイガーのType-Ⅲのパンツを送りました

何故スリム加工をするのか?
カーゴパンツはゆったりと履けるのが利点なのですが、あまりダボダボしていると行軍時に枝や草に引っかかって余計な音をたてる可能性があります。
こういったお直しはベトナム戦から現在に至るまでよく見られる加工です。

まず最初に、どれだけスリムにするかを決めます。
s-IMG_4450.jpg
愛用しているアメリカンイーグル社のスリムチノを今回は基準にしてみました。

s-IMG_4452.jpg
約5cmの差がありますが...今回は安全パイで3cmスリム加工してもらう事にしました。

10478542_1513413105548775_1058278613627611252_n.jpg
EAタイガーの開き...

そんでもって帰ってきました。
s-IMG_4636.jpg
あんまり変化なさそうな感じですがw,しっかりと細くなっていますよ。

もう一本のEAタイガー、Ⅴ型と重ねて比べてみましょう。
ちなみに上が今回加工してもらったⅢ型 下がⅤ型です。
s-IMG_4638.jpg
s-IMG_4639.jpg
こんな感じで切り縮めてもらいました。

履いた感じはこんな感じ
s-IMG_4644.jpg
何故か足元にいる我が家の珍獣
2795c228.jpg
なんかすげー微妙だと思っている方もいるかと思いますので、比較写真を.

s-IMG_8590sm.jpg
先日の御殿場戦役の時の写真ですが、この時はスリム加工前になります。
ダボっとした感じがありますね。

今度はもっと縮めてもらおう(心の声)
でも無理して履けなくなったらすごく嫌なので、そこら辺は要相談ですなw

さんそう君、ありがとう! またオーダーします!
関連記事

FC2Ad

まとめ