買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アホカリへの道 1

7月も終わりに差し掛かり、暑さが厳しくなってきました。物欲です。

先月からずっと、微妙に古い銃やら服やらを買ったり弄ったりしておりますが、8月末に行われるイベントに向けての準備をしておりました。

サムズミリタリヤさん主催ベトナム戦争リエナクトゲーム、アホカリプス2013に参加する為です。

ここに一冊の本があります。
IMG_1807.jpg

ベト戦イベントとして有名となったアホカリプスですが、2001年に行われたビッグバトルを記念して発行された写真誌です。
その中に、記念すべき第一回目1996年の項目がありますが....

IMG_1810.jpg

あの当時、地元の有志と共にベトコンゲリラとして参戦した時の写真がなぜか一枚写ってましたw
私、あの時は確か26歳??

誰、これ?

と妻に吐き捨てるように言われてしまったのは内緒ですww
あの当時、黒パジャマに狩野川アユ釣りの編み笠に、すげぇ適当な格好で行ったんですよね。
考証もへったくれもありません。

そして2013年
今回初めて、ちゃんと考証に考証を重ね装備を整えて参加致します。

028.jpg

装備を仮組みし、前夜祭用のファティーグなどを並べてみました。

一応スペアとして考えておりますが、こちらも持っていこうかなぁ
030.jpg

SEALのライフルマンベスト。。
買ってから一度もゲームで使った事がないかわいそうな子なんですww

さて、妄想は膨らむ。。。
身体をもう少し絞らなきゃ。。。


続く
関連記事
スポンサーサイト

ライフ第二次世界大戦史 23巻全部買ったった

今回の処理は、今から気が重い(呟き)

読者のみなさん、ライフって雑誌ご存じですか?
ライフ社とは、1936年にアメリカで刊行された写真雑誌で、著明な写真家を多数輩出しております。
第二次世界大戦の時世界各地にカメラマンを送り、素晴らしい写真を残しております。
1972年、当時主流となったテレビなどの媒体に押され休刊となりました。


そんなライフ社の写真を多数使った本、第二次世界大戦史 全23巻
買っちまいましたよ、私

だって、オークションで全巻揃えで売っているのが悪いニダ

脊髄反射でポチっとエンターキーを押したら、数日後には会社に荷物が届いてました。
無論経費で本を買ったニダ←

DSCN0075.jpg

配達に来たゆうパックのおじさんが、繰り返し
これ重たいですから
を連呼した理由がわかりました。。
ガチムチな俺でも心が折れる、すさまじい重さですorz

DSCN0077.jpg

はい、ちゃんと23冊入ってます。。
中身はこんな感じです。
huruhonya1983-img600x450-13723436166eei0i55156.jpg

当時の写真と戦史、それに時代背景などが細かく書かれており、本当に第一級の資料と言っても過言ではありません。
思い出せば15年前、赤貧の東京下宿時代。
神田神保町で毎年行われている古書祭りに遊びに行った時、この全巻揃えを発見し買うかどうか1時間以上悩んだ思い出があります。
結局生活苦に負け、買うのを断念したなぁ。。。

さてここで問題です。
いつもこのクソブログで紹介している買い物の数々は、会社に届いたらこっそり持ち帰る事で妻にごまかしておりました。

ごまかすってレベルじゃないよ
1e9eb165.jpg
*参考画像

うーん、妻に正直に言うべきかどうするか本中華
拷問にかけられたくないし。。
よしっ!車のトランクにとりあえず置いておこう!←

20090405224322b8c.png
関連記事

ICS M3グリースガンを弄るよぉ! 完結編

前回のエントリーで、未塗装ですが完成したM3グリースガンサイレンサーの話を書きました。今回は仕上げに取り掛かります。

塗装にはこちらを使用
IMG_1721.jpg

ファインケミカルジャパンのファインブラッセンを使用しました(リンク先PDF注意)
なかなか優れものの黒染め剤で、本当なら塗装後一時間してから炉に入れて加熱するととっても良いらしいのですが、
我が家には電子レンジしかありませんのでスルーします

IMG_1723.jpg

天気の良い朝、ベランダにて塗装。
なかなか渋い感じの黒ですな。

24時間塗装を乾燥させた後、ドンガラのサイレンサー部に詰め物をする事にします。
私がいつも使うのはこれ
IMG_1729.jpg
スピーカーの吸音材で使われるフェルトです。
今時のサイレンサーだと、白くて固いスポンジのようなものを使っているのかな?
昔のエアータンクの時代、サイレンサーだと中身は大概これが入ってました。

IMG_1727.jpg

目の細かいスプリングにフェルトを巻き付け、サイレンサーの中に入れます。
センター出しなんて細かい事はしませんよww
あ、嘘書いた。台所の菜箸でセンター出ししたわ、俺
読者のみんな、ウチの妻には内緒だよぅぅぅぅ←

この組み立ての最中、お友達のLt Goldoman殿から、素敵な動画を教えて頂きました。


消音効果ですが、この動画を参考にしてください(追い風参考w)

そんでもって組み上げて完成!
IMG_6065.jpg

IMG_6068.jpg

IMG_6078.jpg

雰囲気を出す為に、ダックハンターカモのジャケットとベレー帽を並べて撮影してみました。
うーん、素晴らしい!

今回製作をして頂きましたKsファクトリー様、本当にありがとうございました
M3サイレンサー化計画、完了!
よし、本栖湖で戦う準備をするぞ(意味深)
関連記事

ICS M3グリースガンを弄るよぉ! その2

ICSのM3を嬲ろう
失礼、弄ろうの第二回目です。

前回色々とバラしましたが、ドンガラになった本体を某所へと送らせて頂きました。
今回はそちらの加工の様子の写真をうPさせて頂きます

今回お世話になりましたのはこちら
ksssfactory.jpg
K'sFACTORY

ワンオフでエアガンのパーツ製作や加工を行っている工房さんです。
加工中の写真を頂いたので、うPしてみます。

IMGP2300.jpg

M3のアウターに被せるパイプを、アルミ材から削りだしで作ります。
今回サイズですが、直径50mm 長さ300mmの特大サイズにてお願いしました

IMGP2304.jpg

アウターパイプの外側の仕上げ。。。

IMGP2306.jpg

M3本来のアウターも加工してもらいました

IMGP2310.jpg

完成したアウターと、M3のバレルを溶接にて固定させます。

IMGP2311.jpg

こんな感じで、人を殴っても壊れません(何

IMGP2319.jpg

アウターの銃口側ですが、イモネジ固定のフタをお願いしたのですが、見栄えが悪いからとわざわざ削りだしのフタを作って頂きました。本当に芸が細かいです。

IMGP2320.jpg

ドンガラのM3にパーツを取り付けてみました。
もうこれでわかりますよね。
そう、M3にサイレンサーを付けてもらいました。

IMG_1601.jpg

床井 雅美著 アンダーグラウンドウエポン より引用
M3グリースガンにサイレンサーを付けるという加工ですが、第二次世界大戦の頃に遡ります。
ドイツや日本軍の占領地域で行われる特殊作戦に於いて、少人数で行動するゲリラやコマンド隊員にはやかましい音をたてないサイレンサーは必須アイテムとなります。
ベル研究所にサイレンサーの製作を依頼し、それが破壊工作や暗殺などの特殊作戦に使われていきます。
形としては、サイレンサーに段差があるタイプですね。

img082 (1)

今回再現してもらったのは、1960年代AMF社で作られたストレートタイプのサイレンサーです。
数百丁作られ特殊作戦に投入されたと言われていますが、詳細は未だにわかっておりません。





私は、 
破壊工作 サボタージュ 暗殺 消音
という言葉に激しくエレクチオンしてしまう変態です
erec1.jpg
erec999.jpg

*参考画像

そんな変態の僕、やっぱりこの消音タイプのM3を再現したくて今回KsFACTORYのT様に無理を言って製作してもらいました。
御礼申し上げます!

自宅に届いたサイレンサーを組み上げてみました

IMG_6040.jpg
IMG_6044.jpg

塗装はこれからなのですが、感じがでてGood!

よし、一番苦手な塗装だけど、パパ頑張るぞ!
関連記事

ベンラス ダイバーウオッチを買ったった

このFC2ブログでブログを書きはじめてから、もうすぐで1年になりますかな

色々なネタを書いて行こうと思って書き始め、多くの方がこの場末のブログを見てくださっております。
本当に感謝しております。
それでどんなキーワードでこのブログにたどり着いたのか、仕事の合間に興味本位で見てみました。

US NAVY Champion リバーシブル
うんうん、先日このエントリー書いたばかりですからね。
お洒落着にも使える素敵アイテムですよ、これ

comp m2
このエントリーの時も、アクセスされた方が多くいらっしゃいました。ありがとうございました。

亀頭責め

('A`)
そんな内容の日記書いたかよ、俺wwwwwww

でもそのキーワードでいらっしゃった方、普通の内容でも猥褻なブログですので、また来てくださひw

さてさて先日の事。
以前より欲しかったベンラス社の時計を買ってしまいました。
IMG_0361.jpg


ベンラス社とは

1922年、スイス・レマン湖畔に「ベンラス ウォッチ」は誕生しました。以来、卓越した精度とデザインにより、世界の航空パイロット用オフィシャルウォッチとして活躍。高い技術力をもとに実用性を追求した結果、完全防水仕様の時計を開発するに至りました。第二次世界大戦からベトナム戦争にかけてはアメリカ陸海軍に採用され、後に陸軍特殊部隊グリーンベレーにも使用された歴史があります。アメリカのミリタリーウォッチ界で伝説となったそのベンラスにマイクロガスチューブを搭載したモデルが加わりました。暗闇を克服することで、持ち前のタフネスがあらゆる状況下で発揮されます。いま再びベンラス伝説が、動き出そうとしています

以上、販売元のマルマンさんから引用させて頂きました(礼)

IMG_0369.jpg


そんでもって今回購入したベンラスのタイプ1ですが、ベトナム戦争中特殊部隊に支給されたダイバーズウオッチで、UDT(水中破壊工作部隊)や海軍特殊部隊SEALなどでの使用が確認されております。
本当なら文字盤の所にBENRUSなんて字は入らず、ただの12時間表記の無骨なダイバーズウオッチなのですけどね。

IMG_0371.jpg

自分の腕に巻いてみた。
大男の私でも、少々ゴツいです。
ベトナム戦コスで使える腕時計が一つ増えました。

IMG_0372.jpg

ゲーム(コスプレ)用腕時計を並べてみました。
左から
WW2 UDT用ダイバーズウオッチ(リプロ品)
ベンラス タイプ1(復刻)
MARATHON社ミリタリーウオッチ 今までこれをベトナム戦コスの時に使ってました
traser社 型式忘れましたw 確か5枚以上支払ったたような...w


全部デザインが似ていますね。
これで妻に内緒で時計買ったのを見咎められても、多分区別がつかないから無問題
ないない


次回、バレてなければ、ICSのグリースガン記事を書きますね
関連記事

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。