買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dear America 戦場からの手紙 楽曲リスト

またこのネタやるんですか!
058e1bfc.jpg

cDmB7ukrbLy6GSo_aHaRO_106.jpeg


という事で、ここ何回か取り上げていたDear America 戦場からの手紙。
DVDになっていないのが惜しいくらいのドキュメンタリー映画なのですが、特筆すべきは映画の中で流されている楽曲の数々。
有名スターが版権なしのタダで楽曲を提供したので、当時流行った音楽がそのまま流されております。
それゆえ、本当に良い曲ばかりなのにサウンドトラックが作れないのですよね。

前回のエントリーで、自分のサウンドトラックを作ろうというのを書きましたが、ここに皆様の参考になればと思いリストを貼らせてもらいます。

A Change Is Gonna Come -- Sam Cooke



Rolling Stones - Gimme Shelter


The Rolling Stones - No Expectations


Bob Dylan and Norah Jones - I Shall Be Released


Bruce Springsteen - Born in the U.S.A.


Sly & The Family Stone - A Family Affair


A Hard Rains Gonna Fall {Live at Town Hall 1963} - Elston Gunn


Creedence Clearwater Revival - Fortunate Son


Bob Crewe - Walk Like A Man


Marvin Gaye - What's Going On


Wipe Out - The Surfaris


Blue Christmas Elvis Presley


Jimi Hendrix - Are You Experienced


Chuck Berry - Back in the USA


Sonny and Cher: The beat goes on


Alice Cooper - I'm Eighteen


The Doors- Five to One


Buffalo Springfield - For What It's Worth


Tim Buckley - Once I Was


Love - Signed D.C


The Drifters - Under the Boardwalk


Country Joe McDonald - Grace


Smokey Robinson and The Miracles:Going to a Go Go


以上になります。
本当は曲目だけにしようと思っていましたが、当時の音楽を知らない若い子でも理解できるように動画を貼ってみました。
厳密には映画で使われた楽曲そのものではありませんが、参考にしてください。

今年、あと一回は更新したいですね!
スポンサーサイト

外で音楽を聞こう その2

堅苦しい歴史話から離れて、以前書いた音楽話の続きをやります。
つうか翻訳が続くと老眼...いや目が疲れるものですからw
とりあえず次回でSEALの歴史、ベトナム戦争編は最終回にする予定です。
つうかベトナム戦争以降はやりませんからww


2014年、2015年のアホカリプスの海軍宿営地で流れた音楽を紹介する前に、こちらをどぞー

A Veteran’s Playlist: The Top 10 Songs of Vietnam

ベトナム戦争に従軍された経験を持つライターさんが書かれた記事ですが、すべての兵士が自分のサウンドトラックを持って戦争に行ったというくだりに心を打たれます。
さてヒストリカルイベントでは年代に合わせて曲を集めた方が、なにかとトラブルが起こらなくて良いと思います。
例えばベトナム戦争イベントに行くにあたり、間違ってもアニソンを入れたちゃったりするのは止めましょうw
誤解してもらいたくないですが、僕アニソン好きなんですけど要は空気を読みましょうといったところですねw

さて自分が作った曲集のパート1

渚のボードウォーク     ドリフターズ
Fortunate Son       Creedence Clearwater Revival
Bold O'Donoghue Joan Baez   Bob Dylan
Catch Me If You Can      Aretha Franklin Otis Redding
Land Of 1000 Dances      Wilson Pickett Chris Kenner
Okie From Muskogee       Merle Haggard Merle Haggard, Roy Edward Burris
Danny Boy         The Mamas & The Papas
For What It's Worth        Buffalo Springfield
Satisfaction     The Rolling Stones Mick Jagger/Keith Richards
Break On Through (To The Other Side)       The Doors
The Warmth of the Sun      The Beach Boys
Mrs. Robinson      Simon & Garfunkel
Volunteers Jefferson Airplane     Marty Balin/Paul Kantner
Get Together       The Youngbloods Chet Powers
White Rabbit       Jefferson Airplane
San Francisco (Be Sure To Wear Some Flowers In Your Hair)    Scott McKenzie John Phillips
Don't Worry Baby    The Beach Boys
My Generation    The Who
We've Gotta Get Out Of This Place    The Animals
These Boots Are Made For Walkin'     Nancy Sinatra
Groovin'                   The Rascals
Green Tambourine    Lemon Pipers
Let's Spend The Night Together    The Rolling Stones
--------------------------------------------------------------------------------------------

パート2

Blowin' In the Wind      ボブ・ディラン
What's Going On        Marvin Gaye
Hey Jude            The Beatles
Good Vibrations       The Beach Boys
無法の世界          The Who
Purple Haze    The Jimi Hendrix Experience
Born to Run    ブルース・スプリングスティーン
Layla    Derek & The Dominos
When A Man Loves A Woman    Percy Sledge
Daydream Believer    The Monkees
Hello, I Love You    The Doors
People Get Ready    Curtis Mayfield & the Impressions
Let It Be    The Beatles
Have You Ever Seen the Rain    Creedence Clearwater Revival
Please Mr. Postman    The Carpenters
American Woman    The Guess Who
All Along the Watchtower    The Jimi Hendrix Experience
Ruby Tuesday    The Rolling Stones
Hotel California    イーグルス
Maggie May    Rod Stewart
Without You    Harry Nilsson

以上こんな感じで集めてみました。
パート1は何を基準にしたかというと、これ
s-IMG_8089.jpg
映画のサントラを集めたり、海外で販売されているベトナム戦争ヒット曲集なんかをまとめただけなんですw
とは言っても、今こんなCD買って集めるの大変なんですよ、奥さん(誰だよ)
めんどくせー('A`)と思われる方は、こちらを利用されると楽かもしれません。
レロイ書店さま

海外で販売されているベトナム戦時代のヒット曲集なんかが販売されている事もありますので、それを流すのも一興。
それでも好きな曲をどうしても入れたいという方は、iTuneなんかを利用して入れられても良いかもですよ。




パート2は、アメリカのビルボードを参考にしてまとめてみました。
今は便利な時代になったもの、1969年のトップ10って検索かけるだけでボロボロと出てきますよね。
でビルボードTop10の1位だけを集めてもいいのですが、それじゃあつまらない。
なので1位の曲も入ってますが少し外して、5位や10位だって良い曲はありますよねw
例えばこの曲

CCRのHave you seen the rain ,1971年に発表された反戦歌なのですが、曲中の「晴れた日に降る雨を」はアメリカ軍が落とした爆弾の事を指すと言われ、実際にはビルボードで8位にとどまった曲でもあります。
もうこうなると、自分の好きな曲を地道に探すというのも必要ですよね。
最初に紹介させて頂いた記事を参考にしてみるのもオッケーですよね。

冬のこの時期、来年のシーズンに向けてですが、このブログの読者さま一人一人自分のサントラを作ってみるのはいかがでしょうか?


あっ、綺麗にまとまったw



さてここで問題です。
パート2の曲の中には、微妙にベトナム戦争から外れた曲が2曲あります。
それはどれでしょうか?ww

正解したら何かくれという声が聞こえてきたが。。。
2d20a6b9.jpg

という事で済ませておこう....w

外で音楽を聞こう

皆さんはどんな音楽が好きですか?
僕はM-TVとかの80年代洋楽世代なのですが、好きな映画のサントラとかを聞いたり、今の流行りの洋楽を聞いたりとジャンルを問わずに手を出しております。

ここ数年ミリタリーイベントに参加して思ったのは、夜のキャンプ地などで音楽、しかも当時のそれっぽい音楽なんかあったら雰囲気最高だろうなぁと思い、手持ちの楽曲をまとめて編集してしまいました。
ま、ベトナム戦争当時の1966~1972年くらいまでのヒットメドレーなのですがねw
大昔、1980年代はカセットテープに好きな曲を入れて編集したりしたものですが、今はPCで取り込んでチャチャッと終わっちゃうものですから時代の流れを感じてしまうものです(老害)



ここで懐かしの映画を紹介です。
ディア・アメリカ 戦場からの手紙
当時派兵された若い兵士からの手紙を、実録フィルムをバックに朗読していくという映画なのですが...使われている楽曲が当時流行った音楽を使い、ナレーションには有名ハリウッドスターが手弁当で参加しておりました。
現在日本国内ではDVD化されておらず、VHSがアマゾンやヤフオクに流れている程度となっております....

オープニング、のどかなビーチの情景から始まり、バックにはドリフターズの渚のボードウォークが流れます。


そして一転、激しい戦闘を映した情景が、CCR(Creedence Clearwater Revival )の Fortunate Sonの曲に合わせ流れていきます。

金持ちや政治家の幸運な息子(Fortunate Son)じゃなく、当時徴兵された一般の人たちの視点から歌われたこの曲ですが、ベトナム戦争というとこの曲を思い浮かべる方が多いのじゃないでしょうか。
一番強烈な印象を残したドキュメンタリー映画なのですが、それをイメージして曲をまとめてみました。
今年のアホカリプスで、海軍宿営地から流れてきた音楽はこんな感じで作ってみました。
どんな曲を使ったの?と思われた方もいるかと思います。これはまた後日にw

じゃあ外で音楽流すってどーするの?
という声が聞こえてきましたが、このように使っております。
s-IMG_7559.jpg
s-IMG_7560.jpg

オーディオテクニカのブギーボックスシリーズを購入しました(写真のは生産終了品)
単三電池4本で30時間は使えますので、キャンプやアウトドアでの使用にはまったく問題ありません。
家でお片付けをする時など、作業のBGMでも使えちゃう一品。
本当はbluetooth スピーカー,しかもBOSEのヤツが欲しかったなんて口が裂けても言えません()

御殿場ネットワークの友人、ミラー氏はWW2ぽいドンガララジオを製作し、中にオーディオを入れてグレンミラーを流しておりましたね。


皆さまも、こんな感じで雰囲気を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

注意 キャンプ地で音楽を流す際は、音量に気を付けてマナーを守りましょう!

少なくともイベント当日朝6時に、皆のテントの前でこれを大音量で流すのはいかがなものかと思います(前科者)





お知らせ

御殿場SVG AO2015開催!

開催日時
2015年10月17日(土)10:00 ~ 10月18日(日)17:00

皆様のお越しをお待ちしております!

84☆チャーリーモピック ベトナムの照準 を今更書いてみる

先日ツイッター上で素晴らしい言葉を発見しました。

「サバイバルゲーマーがゲームをやらないと、ブログのネタがない」

はいその通りです、物欲です。

そんなこんなで、先日DVDを密林でゲットしました。
今回のお題はこちら。
IMG_2415.jpg

84☆チャーリーモピック ベトナムの照準

1988年のアメリカ映画 
その当時、ベトナム戦争映画ブームに沸いておりまして、色々な名作が作られておりました。
そんな中に公開された佳作であります。
ずっとDVD化されず諦めていたのですが、ひょんな事でDVDになっているのを知り早速購入しました。

1969年 ベトナム
教育用実戦記録を撮影する為、実戦経験の無いドリュウリー少尉とカメラマンのモピックが173空挺旅団に着いた所から話は始まる。
長距離偵察隊(LRRP)の偵察行に2人は同行するのだが、話はモピックのカメラの視点で進んでいく...

カメラ視点の映画で有名なのはブレア・ウィッチ・プロジェクトなのですが、戦争映画でこのような手法をとるのは非常に珍しく、初めてこの映画を見た時妙なリアリティを感じてしまいました。

あと特筆すべきは、このモピックたちが同行する長距離偵察隊の面々と装備の数々。
全員がタイガーストライプ柄の迷彩で揃え特殊な武器を携えております。

まず偵察隊隊長のOD
vlcsnap-2013-12-02-16h11m24s119.png
XM177E1を携えておりますが、リュックサック(?)の横にガンケースを付けスナイパーライフルを携行しておりました。
vlcsnap-2013-12-06-12h18m57s152.png

vlcsnap-2013-12-02-16h16m51s57.png

ウナートルのスコープを載せたスナイパーライフルなのですが、ウインチェスターM70の設定なのでしょうか?

ODの親友でもあるクラッカー
vlcsnap-2013-12-02-16h11m40s26.png
vlcsnap-2013-12-06-12h19m51s179.png

通常はイサカポンプアクションのショットガンを携行、ODと同じくスナイパーライフルを携行しておりますが..
vlcsnap-2013-12-02-16h14m35s238.png
劇中で確認できるのはこのシーンだけなのですが(汗)、XM-21、、M14の狙撃銃Verの分解整備をしておりますね。

無線手のイージー
vlcsnap-2013-12-02-16h11m55s168.png
ODと同じくXM177E1

M79射手であるプリティボーイ
vlcsnap-2013-12-02-16h11m32s193.png

M60射手ハマー
vlcsnap-2013-12-02-16h13m46s3.png
vlcsnap-2013-12-06-12h20m39s150.png
劇中でM60の分解整備をするシーンが印象的でした。

正直、同時代に製作されたベトナム戦争映画に比べ低予算なのがバレバレな感じもあります(笑)
どう見ても、アメリカ国内の植物です('A`)
ですが劇中で見られるサバゲに使える小ネタ(金属部分にテープを巻く等々)には当時大変お世話になりました
(゚∀゚)

初めてタイガーストライプ迷彩をサープラ○レオ○ルドで買ってすぐ、黒いベレーを沖○アメ○カ屋で買ったのは厨二病的な私の黒歴史です、はい...

小粒ながらもおすすめの一本でございます。
もしレンタル屋にありましたら、是非!

ワイルドギースDVDを買ったった

しばらく間を開けてしまいました。
今週末は御殿場SVG秋の大会に参戦しますが、それの準備に追われていました。

さて先週、アマゾンで予約していたDVDが届きました。
IMG_2071.jpg

ワイルドギース
1970年代に製作された戦争映画なのですが、カテゴリーとしては珍しい傭兵を扱ったお話となります。

あらすじですが、amazonから引用しますw
***************************************************************************
【ストーリー】アフリカ某国で独裁政権が誕生し、銅鉱山を国有化されそうになった大企業の社長マターソン(S・グレンジャー)が、傭兵のフォークナー大佐(R・バートン)に、幽閉されている前大統領の救出を依頼。フォークナーはかつての戦友たちを集めて部隊を編成し、一大救出作戦を決行する。
元米軍将校で隊長のバートン、作戦参謀ハリス、名パイロットのムーア、ボウガンの名手クリューガーら4人を中心にした50名からなる戦争プロフェッショナルが繰り広げる一大アクション。国家の命令によって動く軍隊よりも自由だと言われる傭兵たちの哀しくも熱い生き様を、ジョン・フォードの後継者アンドリュー・V・マクラグレン監督が手堅く描いた傑作。主人公フォークナーのモデルは伝説の傭兵マイク・ホアーで、テクニカル・ミリタリー・アドバイザーとしても参加している。
***************************************************************************
傭兵を扱った戦争映画でも屈指の名作となります。

今回のブルーレイ版では、伝説の傭兵マイク.ホアーがインタビューに出ているなど、見どころ満載で本当にお買い得です。

IMG_2073.jpg

今回HDリマスターという事で、最初画質の素晴らしさに感動していたのですが....

このワイルドギース隊の中で一人、他の隊員と違う銃を持っている兵士、元空挺隊員のトッシュという人物がいるのですが、、、折角画質も良くなった事ですし色々と検証してみようと思います。

IMG_2075.jpg

短銃身のFALにスコープを載せ、40連マガジンを差したカスタムをトッシュは愛用しているのですが、、今回よく観察してみるとスコープではなくアーマーライト社のシングルポイントサイトが乗っかっておりました!
BWG7NkNCQAAowYI.jpg

イメージ画像

今時のナウなヤングは、銃には必ず光学機器が乗っかっているものだと思うかもしれませんが、昔はアイアンサイト、要は元から銃についているフロントサイトとリアサイトでちゃんと狙いをつけるものでした。
このシングルポイントサイトが登場したのは1970年代初頭くらいでしょうか、ベトナム戦争末期のSOG(米軍特殊作戦群)などで使われているのが確認されております。
例えは少々違うかもしれませんが(汗)、今でいうところのエイムポイントやトリジコンなどのご先祖様とでもいうべきでしょうか。

集光チューブで光を集め両目を開けて標的を狙うのですが、仕組みは本当に原始的です。
私も以前現物を見た事がありますが、ぼーっと赤い○が浮かび上がるような感じですね。

このブログのリンク先にて、このシングルポイントサイトを紹介しているブログ様がございます。

ナム戦SOG GEAR(嫁にとっては全てがゴミ・・・)

非常に身につまされるタイトルのブログですがw、素晴らしいコレクションに目を奪われます!
こんなクソブログと違い資料性の高いブログ様です。
ご興味のある方は、是非ともご覧になってくださいませ。

あと友人のゴールドマン中尉殿から、色々とこの映画についてご指摘を頂きました。
設定上イギリスで徴募された傭兵部隊という事で、隊員の基本装備は英軍装備(P-58)の英軍カモフラージュ(DPMパターン)、銃はFN-FALを使っているのですが、一部の隊員が使っている短機関銃に面白いのが混ざっているのです。

チェコ製のSMG,Sa24
BWG7xgcCMAAiFiA.jpg

BWG8sN6CMAAz3I2.jpg
飛行機からの空挺降下のシーンにて...

折り畳み銃床のSA25
BWLQ_MhCEAAQwSI.jpg
BWLROHfCEAEVQjI.jpg
飛行機での脱出シーンにて発見!

デンマーク製のSMG マドセン
昔×2、今は亡きモデルガンメーカーのハドソンがモデルアップしてました。
BWLeUA_CEAAmmNS.jpg

この銃の登場シーンはあちこちにありますので、皆様も探してみてください!

VHS時代や土曜洋画劇場などでよく見た作品なのですが、HDリマスターとなりブルーレイとして再販された事により、また新たな視点で映画を見る事ができました。

今度は「コマンド戦略」でも買おうかしらw 続きを読む
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。