FC2ブログ

買い物狂いの備忘録

40代の物欲にまみれたオッサンの備忘録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など備忘録的に書いてます。

おしゃれカフェ店員さんグッヅを作ってもらった

以前、といっても2015年に書いた記事なのですが、
テディベアを作ってみたよー
を覚えている方はおりますか?
当時から何着もダックハンターカモの迷彩服を持っていた私、一着サイズが微妙に合わないジャケットを潰して友人のお店でテディベアにしてもらいました。
そこで残ってしまった背中側の生地。
1I13Dyk7.jpg
どう活用しようかと思っているうちにタンスの肥やしとなり、数年の間忘れておりました。
そして2019年の夏ごろ
迷彩服をしまったタンスの片づけをしていたら、この布が足元へポロリと落ちてきました。
その瞬間、貴重なダックカモの布地を生かすアイデアが閃いた!
20130527_E4BD99E8A888E381AAE38193E381A8E99683E38184E3819FEFBC81-thumbnail2.png
いつも縫い物でお世話になっておりますMIZZ工房さんに相談したところ、できますよと快くお返事をしていただきました。
早速布地を送り、MIZZ工房さんのスケジュールの合間を見ながら細かい打ち合わせを行いました。
tNURoqVk.jpg
今回赤線で囲った所がメインで使う場所。上の青線部分はパーツとして使われます。
afOyKUci.jpg
私が書いたラフスケッチ
まるで象形文字であるw
実際にトルソーへ布地を巻いて製作してもらいましたが、自分の体格(中年太り)に合わせてタオルで補正。
Y-8wzdZe.jpg
LeQBEbmO.jpg
Tシャツを着せて、トルソーをガチムチ体系にしてもらいましたw
7usE6UV_.jpg
布を広げたところ。中央部にポケットを配置しようと思ったのですが、サイズ的にどの大きさが良いのかいまいちイメージが湧きません。
dUrPxqF1.jpg
5lk2p3Xh.jpg
ダンナさんのムウさんの手を参考に置いてもらい、大きさを色々と模索。意見を伺い、スマホがスッポリ入るサイズにしてもらいました。
PmgNl0Sj.jpg
ベースとなる布地とポケット部分の迷彩柄が重なった時に違和感が無いように、上手に組み合わせてもらいます。
このダックハンター迷彩も40年以上経過している布地なので、色々な所に配慮してもらいながら縫い合わせていきます。
5-1VEEh1.jpg
結び紐も、渋い茶色で仕上げてもらい…
3BkaxBqd.jpg
仮組してもらった状態はこちら。
使わず死蔵していたワッペンを縫い付けてもらいました。
完成形はこちらとなります
おしゃれカフェエプロン(ST-1Ver)完成です!
UIIlV0lv.jpg
写真 2019-12-03 12 22 52
裏は紐と同じ渋い茶色で、リバーシブルで作ってもらいました。
t8fECEso.jpg
写真 2019-12-03 12 23 12
さて、早速付けてみましょう。

元海軍特殊部隊のコックのコスプレをするキチガイです
これはどう見てもインスタ映えするカフェの店員にしか見えません(棒読み)
MIZZ工房さんには毎度×2、素晴らしいグッズを製作していただき本当にありがとうございます。
趣味のスイーツ作り(本当だゾ)の時に使わせていただきます。
スポンサーサイト



Olongapoバンドを作ってもらおう!

olongapoバンドって何?
と思われた方もいらっしゃると思うので、olongapoバンドとはなんぞやという歴史の話からしてみましょう。
フィリピンのスービック海軍基地は第二次世界大戦前より、米軍の東南アジアでの最大の軍事重要拠点であった。
subic.jpg
ベトナム戦争中、海軍の水兵達が休暇で過ごした場所でもあるが、そこの歓楽街ではUDTSEALの隊員も休暇を楽しんでいた。
スービック海軍基地のあるオルガンポ市には装飾品を作る職人がおり、そこで記念品として装飾を施されたブレスレットや時計バンドが作られた。
DAVIS.jpg
ebbaca023173050cbff5e296786d17c2.jpg
各部隊ごとのエンブレムが飾り付けられたバンドは兵士達の間で流行り、このブレスレットはスービック海軍基地のあったOlongapo市にちなみ、olongapo Bandと呼ばれた。
ここで名著Seal in VietnamのUDTの項にて、SEAL/UDTで任務中唯一Olngapo Bandを使っている写真がここにある。
mikeslattery_20(Medium).jpg
1971年1月3日、太平洋艦隊に所属しダナンを拠点とするUDT-13所属マイク・スラタリー中尉が、ベトナムの破壊された橋脚の下で任務に就いていた写真である。
-_20theboys.jpg
-_20theboys-1.jpg
スタラリー中尉はこの後、SEALチーム1へ転属する。
ここでベトナム戦争中、UDT/SEALへ支給されていた時計の事を書き添えておく。
SEAL隊員が使われていた時計で有名なのがベンラス社のタイプ1だが、1960年代BUD/S(選抜課程)を突破したSEAL/UDT隊員へ支給されたのは、Tudor Submariner reference 7928モデルであった。
inside_tudor_watch_archives_38.jpg
時計の12時方向に小さな薔薇のマークがついているので、通称「薔薇サブ」とも呼ばれている。
G.jpg
スタラリー中尉はUDT-13に所属していた際、Tudorに付けられたOlongapoバンドをペンキで黒く塗って使用し、ST-1へ転属した際は黒いナイロン製時計バンドへ付け替えて使用したとの事だ。
dsc02410_edited.jpg
dsc02400_edited.jpg
dsc02401_edited.jpg
dsc02409_edited.jpg
dsc02407_edited.jpg
こうして兵士達の間で流行ったOlongapoバンドだが、ピナトゥボ火山の噴火によりスービック海軍基地が閉鎖された後、時計コレクターの間で知る人ぞ知る逸品となった。
ダウンロード (1)
ダウンロード
martijn.jpg
post-492-1202241908.jpg
Olongapoバンドの歴史をざっくりと書いてみました。
数年前、海外の時計フォーラムでこのバンドの存在を知り色々探していましたが......現在でもOlonpapoバンドをオーダーで製作してくれる職人を探し出し、コンタクトを取り注文してみました。
フィリピンのOlongapo市在住の職人さんで、Facebookでページを開いています。
Olongapobands
デザインですが、テンプレートの徽章が何種類かありますので、それを時計バンドの12時方向と6時方向へ何を付けるかを決めます。
images_2019070611460355b.jpg
特殊な部隊章も、デザインをしっかり描いたり資料を添付してあげると作ってもらえます(ちゃんと聞いてみよう!)
無論バンドの裏にも字を彫ってもらえますし、部隊のスローガンなんかを入れてもカッコイイかもです。
そこで金額の見積もりを出してもらえます。
写真 2019-05-20 17 56 07
デザインが決まったら、時計の採寸です。
時計の幅を計測します。バンド取付部の幅です。
to1.jpg
to2.jpg
to3.jpg
バンドを取り付けるピンの太さを計測します。
ここで、昔の軍用時計のようにピンが外せないモデルも存在します(例えば1980年代のMARATHON)
時計バンドも外せないダイバーズウオッチも存在しますから、時計屋さんで聞いてみるのも良いでしょう。
写真 2019-05-20 17 54 09
写真 2019-05-20 17 54 14
写真は、我が家に転がっていたオメガのシーマスター。このモデルはバンドと本体が一体となっているので、外すのは不可能なんです。
ピンを外せるかどうかも必ず伝えてください。ピンが外せなくて固定されているモデルでも、バンドを作ってもらえます。
安いノギスでかまいませんので、正確に測りましょう。
最後に重要なのは、自分の手首をしっかり計測してください。
以上の計測は、絶対適当にやらないでください。
言われた通りの寸法で職人さんが作りますので、納得がいくまでデザインを考えて寸法を測ってください。

以上をふまえ
デザイン
各部の寸法
ピンが外せるかどうか
時計の全体写真も添えてメールしてください


以上全部英語でのやり取りとなります(笑)
私は無料翻訳機を駆使して文を作りましたが、中学英語程度の話となります。そこは頑張ってください。
自分の力で頑張ってください!!完成した時の喜びがひとしおです(注文代行してと言われそうなので、私は絶対嫌だから先回りして書いておきますw)
後はpaypalで支払い、到着まで待ちます。
到着したら、腕に付けて愛でましょう!
今回自分が注文したのはこちら
IMG_224s9.jpg
ファイル 2019-07-04 20 03 04
ファイル 2019-07-04 20 02 55
リーダーであるウルゲイル大尉のバンド
3478.jpg
3479.jpg
チームの火力の要 ニック少尉のバンド
S__61317124.jpg
Olongapoバンド、海軍だけでなく陸軍のデザインもできますよ。
8405_1121661051178566_3099158240339216589_n.jpg
12806058_1121661054511899_7039966070582227464_n.jpg
12321590_1121661057845232_2882353602555132843_n.jpg
12805688_1121661124511892_3471051931164710038_n.jpg
最強ミリオタイキリバンド、あなたもいかがですか!
Thank you Jaffy San!!

バブアーのコートをリプルーフしてみる

今まで散々バブアーのネタをやってきました。

購入して数年経過し、クリーニングを一切しないバブアーのコートもえらくくたびれてきました。
バブアーのようなオイルドコートは、

洗剤を使って洗濯禁止
お湯を使って洗濯禁止
洗濯機なんてもってのほか


という、綺麗好きの自分には到底耐えられないお手入れの鉄則があります。
今までお手入れとして

汚れた所を水拭き
ブラッシング
陰干し
内張へファブリース


という方法で凌いできましたが、今年コートのリプルーフに挑戦する事となりました。

今からこのブリカスコートをしばきます。
写真 2019-05-12 9 59 21
写真 2019-05-12 10 01 38

ここで登場するのがこれ
写真 2019-05-12 10 01 47


洗剤禁止じゃねーか!
と思った方もいらっしゃると思います。でもだって汚いし臭いし、これくらいは冒険したいと思うのですよ。

写真 2019-05-12 10 04 19
バケツの中へ冷水とエマールをぶち込みます。
写真 2019-05-12 10 04 26
入れてかき混ぜただけで、黒い水が出てきました。

一時間洗剤へ漬け込んだ後、流水でエマールを流します。
写真 2019-05-12 11 20 51
スポンジでしっかり擦りながら、洗剤を流すのですが......得体のしれない汚れが排水溝へ流れて......
家人が不在の時にやるのが良いですね(ワンポイントアドバイス)

汚い
写真 2019-05-12 11 20 55
写真 2019-05-12 11 26 06
何年にもわたり蓄積してきた汚れ、コートについていたオイル、人間の情念など様々なものがバケツの底へ溜まっています。

写真 2019-05-12 11 29 00
洗濯機で脱水かけようと思いましたが、洗濯機が汚れると家人からシメられるので、そのまま軒下へ吊るして干しました。

写真 2019-05-12 19 58 59
写真 2019-05-12 19 59 10
乾燥後
なんて事でしょう。素敵なエマールの香りに包まれたコートがそこにありました。
オイルが完全に落ちきってないので、あちこちムラになっていますね。
禁忌である洗剤洗いをしたので縮みを心配したのですが、生地が傷んだ様子も縮んだ感じもありません。
温水と洗濯機を使うと違う結果になったかもしれませんが、まぁ試す気はありませんねw

ここでリプルーフ、コートへオイルの再塗布を行うのですが、本来ならばバブアー社の純正を使います。


だけど今回は、あえて使いません。何故ならば
バブアーのオイルはかなり臭う
からですw
家人からも苦情が来てしまうので、今回はあえて別のオイルを使ってみました。
フィッシングやハンティングウエアで有名なフィルソン社のオイルです。
写真 2019-05-19 8 17 31
天気の良い日曜日、ベランダで作業してみました。
写真 2019-05-19 8 20 08
湯煎でオイルを柔らかくして(直火禁止)、それを手で直接刷り込みます。

手がベタベタになっているので、撮影なんてできませんw

オイルを塗布している動画を見つけましたので、参考にしてください。

写真 2019-05-19 9 08 20
コートへオイルを塗ったら、ドライヤーをかけて靴用ブラシで伸ばして生地へオイルを馴染ませます。
写真 2019-05-19 9 13 08
オイルを塗った直後です。
これを天日干しして、乾かします。

数日ほど乾かして完成です。
後日調べてみたら、バブアーなどのオイルドコートのクリーニングをしてくれる業者さんがいるのですね。
でも数万円はかかるリプルーフ。自分でやればオイルの代金2000円くらいでできちゃいます。
このシーズンオフに挑戦してみたらいかがでしょうか。

昨年末は....

昨年は私事でえらいバタバタし、挙句年末にえらい災厄が降りかかってきました。物欲です。
その災厄は何かと書きたいのですが、国に喧嘩を売る事になりますのであえて控えておきます。

一言で言うならば

鳩並みの脳みそしか持たない元首相の脱税やあくどく儲けている企業の節税はスルーで、しがない中小企業相手にしかも明朗会計で毎年申告してきっちり国民の義務を果たしているのにくだらねー難癖つけやがって。

死ね(直球)

これでどんな災難にあったか、察して頂ければ幸いです______

そんなこんなで年末は本当に気分が落ち込み、ミリタリー系のお買いものは一切ありませんでした。
はい、ミリタリー系のお買いものは....

気分を変えて私服を買ってました(アホ)
s-IMG_8302.jpg
このブログに何回も出てきたバブアーオイルドジャケット、それもビューフォートを購入しました。

以前ブログに出てきたのは、ビディルジャケット。
s-IMG_0772.jpg
s-IMG_0782.jpg

あんまり変化ないじゃん(´・ω・`)
と思われるかもしれませんが、ビディルジャケットは全体の丈が短いので(腰の高さくらいか)乗馬用の位置づけとなり、今回購入したビューフォートは丈が少し長くなったハンティングコートとなります。

イギリスのバブアー社は布地にオイルを引いた生地でコートを作り有名になりましたが、第一次世界大戦や第二次世界大戦に海軍将兵に防水服を供給しているなど、ミリタリー関係でも古くから有名な会社でもあります。
イギリス海兵隊コマンドウやSBS(特殊舟艇部隊)の隊員の手記を読んでいると、動くとガサガサ音をたてるゴアテックスの防水服よりもバブアーのオイルドジャケットの方が音を出さないので好ましかったとあります(今は違うと思いますが)
今回購入したビューフォートは後ろに大きなポケットが付いており、
s-IMG_8532.jpg
s-IMG_8533.jpg
仕留めた獲物をそこに仕舞えるように作られたとの事。
s-IMG_8536.jpg

一般生活では使いどころのない機能だな_____

使わない小物とか、マフラーなんかを適当に突っ込む用途に使っております。
で、なんで今回これを買ったかって?
以前購入したのがやっぱり小さかったからなのですよ。
イギリスの服を買う時、C42とかC44とか書かれていると思うのですよ。以前人から教わったのですが、イギリスの服は胸囲で買うと。
無論裸の胸囲ではなく、想定する服を着て計った胸囲の数字で考えると間違いがないと。
なので以前購入したビディルジャケットは、僕には少しきつかったのですよ(ちなC44サイズ)。
で、今回購入したビューフォートはC46サイズとなります。

太った訳ではありませんからね(小声)
(現在 身長183cm胸囲115cm腹回り96cm体重91k)

あと丈が長いビューフォートジャケットはスーツの上からコートとして羽織れるので、そんなお洒落ポイントも押さえてチョイスしました。
イギリス物ってとっつきにくいと思う方もいるかもしれませんが、ジーンズやチノにも合わす事もできますし着回しの効くアイテムとしていかがでしょうか?

あっ、後こんなのも届いてたw
s-IMG_8300.jpg
ミリタリーな格好ばかりだとドン引きされる仕事なので、何気にお洒落アイテムを揃えなくてはいけないので
とても大変なのですよ(自分に言い聞かせるように棒読み口調で)


次回くらいはくだらない話題かミリ系のネタでも書こうと思います。

おまけ
バブアージャケットにくるまれて寝る我が家のネッコ
s-IMG_8113.jpg

テディベアを作ってみたよー

さてタイトルのテディベアについて、

ダウンロード
こ↑れ↓を瞬時に連想した読者
後で職員室に来るように

はい物欲です。
今日は柄にもないネタとなりますが、手作りテディベアについて今回は書こうと思います。

先日のダックハンターカモのエントリーにて、最後を意味深に終わらせました。
s-IMG_7429.jpg

自分の手持ちのジャケットですが....

こうなりました!
s-IMG_8361.jpg
写真間違えました(意図的)

こ↑ち←ら↓
s-IMG_8362.jpg

元々僕には少し小さ目のジャケットだったのですが、処分するのが惜しくて友人のショップにテディベア製作をお願いしちゃいました。

ユニークステディベアショップ

実は以前にもステマ風味で紹介させて頂きましたが、改めて紹介させて頂きます。
古着や、着れなくなった洋服などを材料にして、オリジナルのテディベアを製作しております。
以前にも
s-IMG_8372.jpg
USMCマーパッド迷彩を利用したテディベアや
s-IMG_8381.jpg
古着を利用したテディベアとかとかを購入させて頂きました。
新品を購入するよりも、何か味があるのですよね。

で、今回ベトナム戦争時代、40ん年前の迷彩ジャケットを潰して製作をお願いしちゃいました。

s-IMG_8374.jpg
s-IMG_8376.jpg

相変わらずの良い仕上りです。製作される方が迷彩柄の配置を考えて組み立てておりますので、違和感なく仕上がっております。
これがあのボロ着カモフラジャケットかと思うような出来具合です。

人と違う何かが欲しい、自分の着れなくなった洋服などを最後まで活用したい等々、興味のある方は是非ともお問い合わせを!

さて今回このテディベアが届いて、これを見た妻が一言。
「ウチのネコのおもちゃにピッタリ!」

それを聞いた僕
645eaeef.jpg

あんな凶暴なのに渡そうものなら、どんなに貴重な物であろうが3日もたたずに破壊される事でしょう。。。
即効で取り上げましたよ、ええ。。

さて最後に、今回特別に余った生地をテディベアと一緒に入れてもらいました。
s-IMG_8363.jpg
(茶トラ白は省く)

背中の生地まるごとなのですが、これをどう活用しようか...
これでまたネタが引っ張れますね(えがお)
次のページ