FC2ブログ

買い物狂いの備忘録

40代の物欲にまみれたオッサンの備忘録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など備忘録的に書いてます。

NAVY SEALs関連記事のまとめ

昨年から、ベトナム戦争時代のシールチームの歴史や色々な考察を書いてきました。
今まで日本ではほとんど知られていなかった、NAVY SEALsの初期の歴史や作戦行動などを色々書けて、僕自身も大変勉強になりました。
ただその該当記事に行くのに、このブログのデザインだとえらく面倒だというのに気が付きましてw,改めてこの記事から各ページに飛べるようにしようかと思います。

インターネット見て人の装備マネする前に資料買えよ、という記事w

ベト戦SEALS入門


NAVY SEALsの創設~ベトナム戦争終結までの歴史

NAVY SEALs の歴史 序章
NAVY SEALs の歴史 1 誕生~ベトナム戦争への道
NAVY SEALs の歴史 2 戦火の中へ(1966~)
NAVY SEALs の歴史 3 転換点 テト攻勢(1968~)
NAVY SEALs の歴史 4 ベトナムからの撤退


1965-1966年、ベトナムへ派兵されたUDT/SEALチームについてまとめたお話。

1965-1966 Part1
1965-1966 Part2
1965-1966 Part3

1968年、テト攻勢下でのNAVY SEALs/UDTの作戦行動についてまとめたお話。

テト(1968) part1
テト(1968) part2
テト(1968) part3
テト(1968) part4
テト(1968) part5
テト(1968) part6

ベトナム戦争下、案外と知られていないUDTチームの事を書いた一編。


UDT in Action

現用勢のリクエストにお応えして書いた、グレナダ侵攻時のNAVY SEALsの行動について。
(もうこの後の時代は自分で翻訳汁wwww)

Seals in action グレナダ侵攻作戦


ベトナム戦争中、暗殺作戦として知られたフェニックス計画とPRU(省偵察隊)についてまとめたお話。

フェニックス 1967-1971

ベトナム戦中、シールチームが使用した武器に関しての記事。

Navy SEALs Weapons
Navy SEALs Weapons 2

SEALチームで使われた有名なシステム23 M60デスマシーンに関しての記事。

死の咆哮 DEATH MACHINE

戦術的、装備的な考察。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2


ベトナムSEALsが使用した、有名な装備であるSEALベストとコートに関してまとめた記事。

SEALベストとSEALコートのお話
SEALベストとSEALコートのお話 2


NAVY SEALsのトレードマーク、UDTライフプリザーバーの紹介記事。

UDTライフプリザーバー雑記

同じくベトナム戦SEALsの代名詞となった、シールチームとジーンズに関する記事。

Navy SEALSはジーパンの夢を見るか


とりあえずこのようにまとめてみました。
これからも時間が許す限り、ベトナム戦中のNAVY SEALsの事を書いてみようと思っております。



スポンサーサイト

ベトナムSEAL 手榴弾携行方法について

本日のお題ですが、ベトナム戦時のSEALがどのように手榴弾を携行したかについて書いてみようと思います。

通常歩兵は手榴弾を2個携行します。
1966年、SEALチーム1がベトナムのメコンデルタ地帯へ正式に派遣され、泥の中で共産勢力と戦い経験を積んでいきます。
その後、アメリカ本土からSEALチーム2の部隊がベトナムへ増派され、戦線は拡大していきます。
そこでSEALチーム2の隊員は、先遣として戦ったチーム1の隊員から訓練を受け様々な事を学んでいきました。
これに関しては、この記事を参照してください。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2

作戦へ出る隊員は、攻撃型手榴弾を4個は携行すべきとあります。
手榴弾は手軽で強力な攻撃手段なので、多く持っていったのでしょう。
そこで、どのように手榴弾を持っていったのか。

1_201906141733092c7.jpg
米軍のマガジンポーチの横には、手榴弾のレバーを差し込み保持するループが取り付けられています。
2_20190614173432982.jpg
LC-2マガジンポーチですと、手榴弾をしっかりと保持できるポケットが付いていますね。

それ以外に、手軽な携行方法としてサスペンダーやピストルベルトへ手榴弾のレバーを差し込むという方法があります。
5.jpg
3_20190614181617f6d.jpg

手榴弾自体重さが450gほどありますが、やはり激しい動きなどをしたら落としてしまう恐れがあります。
そこで、こんな事をします。
4_201906141818376eb.jpg
用意するのは、太目の輪ゴム。
5_20190614181838152.jpg
手榴弾のレバー下部を少しだけ曲げて引っかかりを作ります。
8.jpg
7.jpg
こうして輪ゴムをかけて脱落防止をします。

以前Cレーションのスプーンを使った脱落防止法を紹介しましたが
記述してある英語の誤訳
実際に行われたのが確認されておらず、この輪ゴムを使った方法が一般的だった
というご指摘を頂き、ここに訂正させていただきます。
ご指摘くださったDJ-Vietnam様には深く感謝致します。

ヨウスニクス HEL E4Aサプレッサーチャレンジキットを作ってみた

今年の10連休、皆さまはどのように過ごされましたか?
掃除、片付け、洗濯で終わった男、物欲です。

昨年、ベト戦SEALで繋がりました関東のスカンクワークスことヨウスニクス様から、M16用サプレッサーを購入しておりました。
ベトナム戦争中、M16用で各種のライフル用サプレッサーが開発され、実戦へ投入されました。
ここら辺の経緯は、一番槍さんのブログで詳細に書かれております。

M16ライフル用サイレンサー開発小史
いつも学ばせてもらっております。

今回、ヨウスニクス――テクネジアから、HEL社M16用サプレッサーが完全再現という形で発売されました。
昨年のアホカリプスに参加した時、予約しておいて良かったよ……
という事で、一本頼んでおきました。
塗装と組み立ては自分で頑張る、チャレンジキットを……

そして10月にチャレンジキットが届きました。
ファイル 2019-05-07 16 35 19
ファイル 2019-05-07 16 35 27
ファイル 2019-05-07 16 35 35
ファイル 2019-05-07 16 35 42
ファイル 2019-05-07 16 35 49
かっこいいよ……
そこから数か月、3月になるまで部屋の片隅で組み立てる事もなく寝かせておりました。

ごめんなさい
8a72e433204e4d5c74308e7bc08c2e5b_400.jpg

さて、私事が落ち着いた所で組み立ててみました。
写真 2019-04-05 22 22 42
こりゃ凄い。
スチール削り出しでずっしり重く、これだけで撲殺用の武器になる事間違いなしですw

写真 2019-04-05 23 02 48
表面の油を脱脂し、いよいよ黒染めです。
今回はこの黒染め液を使ってみました。


写真 2019-04-05 23 02 41
黒染め完了。
これで、今度は塗装を施します。

HELサプレッサーの完成品は、綺麗なパーカー色が施されておりますが、ひねくれ者の自分は手持ちの塗料でやってみました。
写真 2019-04-29 17 24 46
ファインケミカルジャパン スプレーブラッセン 420ml FC-142
ファインケミカルジャパン
売り上げランキング: 11,687


色合いも好みですし案外と食いつきが良いので、自分のような乱暴な人間にはぴったりかと思い使ってみました。

色を塗る前に、内部も加工を施します。
写真 2019-04-29 17 19 44
内部の真鍮チューブに穴を開けるのですが、ハンドドリルなどはじき返されました(当たり前)
人から電動のハンドドリルを借り、なんとかここまでやってみました。これ以上細かく穴を開けると、自分の手に穴が開きそうです(迫真)

写真 2019-04-29 17 24 33
写真 2019-05-02 22 44 13
写真 2019-05-02 22 44 19
塗りムラが汚い

どうせゲームにガンガン使うだろうという事で、汚すついでに塗装した後サプレッサーをコンロで炙ってしまいました(小声)
装着してみると、確かに重い。長時間構えていると左肘に負担がかかるのが分かります。
ですがここまでリアルなサプレッサーを見た事がありません。
興味のある方は、限定生産品なので是非とも問い合わせてみてください。満足度が違います。
だけど完成品買う方が楽ですよ(個人的な感想ですw)

East Asia製SEALベスト来たった

お久しぶりです。
本年の3月から更新をストップしておりましたが、また日常ネタや歴史ネタなどを拾ってぼちぼち書いていこうと思います。

さて今年、ベトナム戦リエナクターにおなじみのEast Asia Supplyさんが、とんでもない物を製作しました。
ベトナムSEALにはおなじみの、SEALベストの完全コピー!!

SEALベストとコートの記事は以下参照。
SEALベストとコートのお話
SEALベストとコートのお話 2


East Asia の代表であるJim Lau氏から、御厚意で写真をお借りする事ができましたので、改めてレポートさせて頂きます。

SEALベストが開発された背景は僕のブログを読んでもらうとして、浮袋と一体化した弾薬携行ベストは過酷な環境で戦うSEAL隊員には大変好評でした。
13346959_2046606362231858_4992648432104372984_n.jpg
19149210_2324934217732403_6578020104682308697_n.jpg
実戦で使われたSEALベストはベトナムの過酷な環境で使われた為、現存するものはわずかとなってしまいました。
13321977_2048504518708709_4881114218053500112_n.jpg
13325720_2047982742094220_2961477576877172115_n.jpg
*現存する実物のベスト

East Asia社はノンリップのERDL生地を使い、実物を忠実に再現。ベストの中に入るブレーダー(浮袋)まで作ってしまいました(笑)
13332952_2046679725557855_8228771316549048874_n.jpg
13331089_2051955398363621_2398975844500457251_n.jpg
13557834_2067824833443344_3835601911551278897_n.jpg

SEALベストは20連マガジンを入れるライフルマンタイプと、マガジンポーチが一切つけられていない救命胴衣のようなマシンガナータイプ(100連のメタルリンクベルトを体に巻きやすくするため)の2種類が作られました。
それ以外にも、現地で戦うSEAL隊員は各自改造を加え、いろいろなバリエーションのベストも存在しました。
19221576_2322464074646084_1395251210678652034_o.jpg
21105816_2375297326029425_7777649595027541328_n.jpg
19748733_2338291079730050_6722882025105191793_n.jpg
Thank You Jim!!

ベストを細かく撮影してみました。
IMG_1868_Renamed_by_IWS.jpg
ベストにはピストルベルトを通して着用できるようになっており、このようにマガジンポーチや各種装備を装着する事ができました。
IMG_1870_Renamed_by_IWS.jpg
IMG_1872_Renamed_by_IWS.jpg
ベストの左内側に、ブレーダー(浮袋)をふくらますチューブとCO2カートリッジが付いています。
IMG_1874_Renamed_by_IWS.jpg

IMG_1877_Renamed_by_IWS.jpg
首の後ろにはメディックポーチを付けるフックがあり、水に浸かった時に濡れにくくする工夫がされておりました。

IMG_1897_Renamed_by_IWS.jpg
IMG_1899_Renamed_by_IWS.jpg
着用例 
実際に高温多湿のベトナムで使うには、このベストを着て戦うのはとても暑かっただろうと容易に想像できます。
簡易な弾薬携行ベストとして重宝されましたが、両腕に付いたマガジンポーチは邪魔という事で隊員に切り落とされる事が多かったそうです。
写真ではM1956装備を装着した上から、羽織るようにベストを着ています。
大量の弾薬を携行するには、理想的な形だったのでしょう。

10364162_1740729186152912_3180145865418271616_n_20171013164119886.jpg
seals10.jpg
10410850_1740680529491111_260945911212980888_n.jpg

今回、EastAsia社から貴重な写真を提供して頂きました。改めて感謝致します!

多分このような完全なリプロダクト品は二度と作られないと思うので、ベトナムSEALのマストアイテムであるこのベストはとりあえず買えとだけ言っておきますね。

またダラダラと駄文を書かせていただきますね。

追記
SEAL隊員がベストの袖を切り落とすと書きましたが、僕はとてもじゃないけどもったいなくて、袖のポーチを内側に折りたたんで着用しましたw
誰が切るかぁ!!もったいねぇ!!(笑)


1965-1966 part3

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
次のページ

FC2Ad

まとめ