買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

帰ってきたよ ARROW DYNAMIC M1918A2 BAR 今度はストック

更新無意味に頑張るよぅ!(挨拶


先日、エアガンショップを経営する友人から営業の電話がありました。
「ARROW DYNAMIC から BAR用の木ストが販売されるそうだよ」


 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
————————————


よし、待って良かったよ、ママン
やっぱりWWⅡの銃は木製ストックでないとね!
色々と珍妙な工夫をしましたが、やはり木のぬくもりにはかないません。

で、会社に届きました←
IMG_0355.jpg

よーしパパ、オープンしちゃうぞ!

IMG_0358.jpg

!?

110.jpg

4d37dc63.jpg

1ae772d1_20130621184652.png

c2c5ee42.jpg


108a0eb9.jpg
注 開封した時の絶望を画像で表現してみました
何これ____________
何このクオリティ__________

IMG_0360.jpg

どう見ても、私が加工したプラストック以下です。ありがとうございました_____

8a4e86e5b1695e87591e27c5c6c09ec7_400_20130621184904.jpg

亜麻仁油を塗ってやり直しかぁ......
テラテラした黒光りするように仕上げよう。うん、そうしよう。。。

sub3_chara3.jpg
こんな感じでな_________
スポンサーサイト

愛と悲しみの ARROW DYNAMIC M1918A2 BAR マガジン修理

久しぶりの更新です。

先日、10月28日、静岡県の御殿場にてヒストリカルサバゲCOMBATに行ってきました。
そこで使おうとBARをシコシコ...と作っていたわけですよ。

結果、使い物になりませんでした

一番不安だったマガジンの給弾が案の定上手くいかず、玉が出る以前の問題となりましたorz
悔しかったので、フィールドで一枚撮影
IMG_3332.jpg

その晩のうちに、マガジンの改修作業を行いました。
以前マガジンをバラしたエントリーがありましたが、中身はマルイM16多弾マガジンの内部とほとんど同じでした。
なので自宅にあった190連(M16ベトナム 20連タイプ)を潰す事にしました。
IMG_0839.jpg
左側がマルイ190連マガジン、右側がBAR多弾マガジン。
とにかく原因追究などまどろっこしい事を言わず、全部パーツを交換する事にしました。

IMG_0841.jpg
ゼンマイのパーツですが、慎重にやれば怖い事はありません。

ゼンマイの入っているケースごと外します
IMG_0842.jpg

こんな感じで装着
IMG_0843.jpg

手持ちの16マガジンを潰して、BARマガジン5本分換装しちゃいました(馬鹿
これで快腸になりました!

あとは今週末、千葉で行われる通称クソゲーに、BARがちゃんと使えるかどうか....

早く起きたら ARROW DYNAMIC M1918A2 BAR マガジン分解編

本気で不眠症の病院に行こうと思う、はい物欲です。
もう歳なのか何なのか、変な時間に目が覚めてしまい二度寝も不可能。。。
それならばと今日は、マガジンを分解してみました。

IMG_0827.jpg

右から

BARマガジンケース

真ん中がゼンマイですね

一番左がマルイM16用20連マガジン
サイズが似ているので比較で並べてみましたが....

そんでもって中身を開けると
IMG_0829.jpg

!?

どう見ても190連マガジンの中身にしか見えませんな、BARのマガジンwww

まっ、いざという時は
マルイ190連マガジンを中身に使えという事ですね、わかります(死)

メーカー発表では300連マガジンとの事ですが
どう見ても200発以下の装弾数ですwwwww

とりあえず皆様、ご注意くださいませ。

ARROW DYNAMIC M1918A2 BAR また懲りもせず 8

先日、ようやっと組みあがったBARを試射していた時の事。
分解組み立てを繰り返していて、気になったパーツがありました。

バレル回りとチャンバー部分です。
なんかレバー回りのガタが大きい....
そんな不安材料がありましたが、男は度胸、なんでも試してみるもんさw

そして試射をしていると不安が的中しました。
適正Hopの状態から勝手に調整レバーが動いてHopがかからない状態になるという素敵仕様になりました

( ゚д゚)、ペッ
 ちゃんとチャンバーくらい作れよ、本当にお願いですから(切実)

そんなこんなで、チャンバーの交換をする事にしました。
IMG_0824.jpg
手頃なところで、VFC製AK用チャンバーを購入。
本当はマルイノーマルチャンバーが欲しかったのですけどね。

BARのチャンバーはAKチャンバーとほぼ互換性があります。
ですがBB弾を給弾するノズルが、ノーマルチャンバーよりBARの方が若干細いです。
なのでゴリゴリと削って現物合わせで....
IMG_0822.jpg
あー、金属製チャンバーなんて買わなくてよかったですww
削るのに地獄を見るところでしたwww

延長給弾ノズルを付けた後、気になるのがHop調整レバーのガタ。
手持ちで絶縁チューブがありましたので、それを細かく切ってレバーに差し込みガタ止めをしました。
IMG_0823.jpg

昨晩組み上げて、ガタも無くいい感じに仕上りました。
さて、今度こそちゃんと撃てますように(´・ω・`)ショボーン

ARROW DYNAMIC M1918A2 BAR 7

もういい加減最終回にしたいと思う、はい物欲です(皆様に挨拶)
先日ストックのリアル加工に挑戦というところで終わりましたが、こんな事をしてみました。

IMG_0793.jpg

アサヒペン油性ニスウレタンスプレー(ウォルナット)
これをプラストックに塗ってしまいます。

教えてくれた友人に感謝!!!
で、こんな感じで作業をしていきます。

1.銃を分解してストックとハンドガードを取り出します。
2.#80~100位のサンドペーパーで全体を削ります。
(木の表面の感じを出すつもりで、銃口よりバットストック方向へ一直線に削る)
3.削り終わったら洗剤で洗って脱脂。「アサヒペン油性ニスウレタンスプレー(ウォルナット)」(ホームセンターで売ってます)を軽く吹いて3分くらいで一度ウエス(ぼろ布)で拭き取る。
(完全に拭き取らず、削った木目を残す程度で)
4.乾いたら再度ニススプレーを吹く(一度に吹かず、薄く吹いて様子を見ながら)
5.乾いたら完了。テカリが気になるのなら艶消しニススプレーを吹く(黒い靴墨を塗って拭き取るなんて荒業もあり)

IMG_0794.jpg

作業前の状態です。

で、どんな感じになったかって?

ええ、まともにプラモが作れない男がまともな塗装できるわけがないじゃないですか(自爆)

とりえず補修と改修の繰り返しで、なんとか100m離れたところから見て木に見えるくらいにはなりましたww

組み立ててみて、あと足らないのはスリングです。
現在PKミリタリアさんに注文を出しているのですが、通関などで手間取ってしまい入手が困難との事。
仕方ないので、、
IMG_0801.jpg
2年間放置しているDMRのスリングを流用する事にしました。


完成したBARはこちら。

IMG_2949.jpg

うん、写真を縮小すると塗装が格好よく見える(死

そういえばこのBARを購入した時に、こんな不吉な紙が入ってましたが、
IMG_0021.jpg
原因がわかりました。

コッキングレバーとダミーボルトカバーはちゃんと連動して動くようになってましたが、工作の程度が低いのかコッキングレバーに若干のガタがあり、マガジンを入れないとガタが取れないという素敵仕様になっておりました。

現在
IMG_2950.jpg
ちゃんとマガジンを入れた状態で
カシャーンッ!が出来るようになりましたとさ


これでBAR地獄変も最終回にしたいと思いますがなにせ中華。
またこんな記事を書くかもしれませんが、その際はご容赦をww
次のページ

FC2Ad

まとめ