買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

さて、先日上げたフェニック計画のお話ですが、多数の方にお読み頂いております、ありがとうございます。
拙い翻訳で本当に申し訳ないのですが、暇をみながら適宜修正していきますのでご容赦を。

さて近況報告的な感じで今回は書かせて頂きます。

10月1日~2日、岐阜で開催されるNAMNAMに向けて、9月の間は色々な準備をしておりました。
s-IMG_1328.jpg
先日購入したEA社JWDタイガーですが、トラウザースを毎度おなじみさんそうタクティカルにお直しに出しました。
愛用しているアメリカン・イーグル社のスリムチノと同寸に縮めてもらい、いわゆるスリムパンツのスタイルにしてもらいました。

今回の遠征では、HPの写真撮影も兼ねるという事で、色々な装具を用意してみました。
photocat2.jpg
イベントではM60射手ですが、ライフルマンの装備も加えちゃいます。
通常は持っていかない56式小銃も用意し、デモリッションバッグの準備も万端です。

photocat_20160927170046782.jpg

さっくり揃えてみました。
僕が装備を揃えると、なんか軽装になる傾向があります(笑)

ここで問題になるのが当日に着る服です。
妻に撮影協力を求めてみました。
s-IMG_1368.jpg
上下JWDタイガー

s-IMG_1369.jpg
上タイガーの下501ジーンズ

s-IMG_1370.jpg
上ベトコンブラックパジャマ 下JWDトラウザース

photocat3.jpg
上ベトコンブラックパジャマ 下501ジーンズ

みたいな感じでキャッキャウフフしながら妄想を膨らましていましたが、9月25日の緊急連絡にて主催者様から連絡があり、40年ぶりの暴風が続き会場が水没、
NAMNAMは中止となってしまいました.....

自然相手では仕方ないネ♡、と思ったものの、意気込んで用意していた分猛烈な虚脱感に襲われています...
さて、気を取り直して 出した装備をかたづけます↘

主催者様、来年開催の際にはなんとか都合をつけて参戦致します。
お疲れさまでした!


スポンサーサイト

EA JWDパターンタイガーストライプを買ったった

久しぶりの更新です。
あと本当に久方ぶりに買ったったシリーズの記事を書けて、それもミリ物の購入報告ができて本当に嬉しいです、はい。
(改めて見直してみると、BBQコンロ買った記事と、後はミリ物翻訳かガルパン記事しか書いてねぇやw)

今回いつもお世話になっておりますEast Asia社から,JWDパターンタイガーストライプが発売されましたので早速購入してみました。
今まで色々なパターンのタイガーストライプがEA社から発売されておりますが、今回発売されたJWD(JHON WAYNE DENSE)パターンもタイガーストライプの中でも知られている迷彩となっております。
何故ジョン・ウエィンパターンと呼ばれているかというと、西部劇の雄ジョン・ウエィン主演のベトナム戦争映画、「グリーン・ベレー」にて主人公たち米軍特殊部隊がこのパターンのタイガースーツを着用していた事から呼ばれるようになりました。


1968年に公開されたベトナム戦争映画ですが、陳腐であるとか戦争礼賛であるとかの意見もありますが、面白い映画ですのでミリタリーフリークは是非ともご覧になってください。

さて、僕はEA社日本総代理店であるクラッシファイドさんに注文し、先日会社に荷物が到着しました。
s-IMG_1145.jpg

s-IMG_1151.jpg
s-IMG_1149.jpg
一度も洗ってない状態で撮影しました。

今回クラッシファイドさんからのアナウンスによると、洗う事によっておこる縮みは発生しないとの事でしたが、僕よりも先に入手していた方々からの情報によると、なんだかんだと思いっきり縮んだと報告がありました。
洗う前に試着してみましたが、今までのタイガーシリーズに比べ、若干大きいのかな?トラウザースは完全にお直し行きの扱いとなりますね。

自宅で洗ってみた。
s-IMG_1308.jpg
s-IMG_1309.jpg
室内の蛍光灯の下で撮影してみました。
タイガーパターンとして素晴らしい出来具合です。
s-IMG_1312.jpg
縮みですが、やはり若干縮みが発生しています。報告にあったような酷い縮みは無く、新品のジーンズをワンウォッシュしたくらいの縮みはありました。
コットン製品は着用前に一度洗濯するのは常識ですからね。

で、このJWDタイガーパターンですが、アメリカで有名なUS・タイガーストライプ社も同じようなパターンの迷彩服を販売しておりました。
自分が20年以上前に購入したタイガーストライプ社の服と比較してみましょう。
比較....
s-IMG_1314.jpg
おいっ!

猫をどかして仕切り直しでもう一枚。
s-IMG_1315.jpg
今現在、タイガーストライプ社はこのパターンの迷彩服を販売していないのですね。残念です。
それにしても比較してみるとよく似ています。昔はこのタイガーストライプ社の迷彩服がベト戦サバゲーで良い代用品だった時代もありました。

では自分の持っているタイガーパターンを全部並べてみましょう。
並べて.....
s-IMG_1168.jpg
おいっ!(怒)

自らを執拗にアピールする猫をどかして、撮影再開です。で、こうなりました。
s-IMG_1319.jpg
向かって左上より
EA ADS Type5 ゴールドタイガー
EA ADS Type3 ゴールドタイガー
EA タッドポールパターンタイガー
USタイガーストライプ社
EA JWDタイガー

下段左側
オークションで購入したゴールドタイガー なんだかんだと仕上りは良いですね。いい買い物をしました。
MASH シルバータイガー これを越えるシルバータイガーのリプロは存在しないというくらい素晴らしいです。

いつの間に増えちゃった(棒読み)
右斜め上の青字で書かれたタイガーストライプですが、着用できませんのであしからず________________________________

今は良いリプロダクト品が簡単に入手できる良い時代となりました。
ベトナム戦争におけるタイガーパターンの代表ともいえるJWD,お勧めですよ!

おまけ

何度も部屋を追い出されて、隅でふて寝する我が家のリアルタイガー_______
s-IMG_1165.jpg

アホカリプス2016 おまけ

こうしてブログを書いていると、ようやっとイベントに一区切りついたような気がします。
ここでお約束の一言。
ブログにて、写真や文章で不適切なものなど御座いましたら、申し出て頂ければ即急に対応致します。。

結局チー大佐の救出作戦はどうなったのかですって?


爆発物盛りすぎぃwwwwww

あと今回、会場を歩いていて色々な方から声をかけて頂きました。
僕のうんちブログ、結構読まれているのですね(滝汗)
お気軽にコメント残してくださいな。
噛みつきませんから!w

s-CoxRnBKVIAQvwph.jpg
なかよしツイッター組のぐーる殿とワニ革殿とチー殿
若手の気合の入りっぷりを見ると、自分も頑張らなきゃと強く思いました。
あとチー殿、お土産ありがとうございました!

今回来られなかったQ州組の皆さん(2人しかいないがw),来年も妻は来てくれるそうです、はい。
僕に愛想を尽かさない限りな(死)
Q州殿、おみやげおご馳走さまでした!

そしてブログ書いていて今でも改めて強く思うのは、
s-IMG_0676_20160811173827fb2.jpg
s-IMG_0680.jpg
ゴールドマン中尉のショットBAR「黄金」があの会場の中でひときわ目立ってましたw
本格的なヴェスパーを飲ませる店があそこにあるのがおかしいのですwwww
来年はもっと早い時間に料理作るのを終わらせて、へべれけになるまで飲みたいですw

s-IMG_0733.jpg
盟友キンタマン殿謹製の水茄子を一つパクっていたので、イベント後一人で乾杯しました。

s-IMG_0734.jpg
人を撲殺できるスキレットを磨いて、次の機会の為にしまいます。

では皆様、お疲れさまでした!

アホカリプス2016 Day-2-2

状況開始

該当地域に不審な小屋があるという事で、南ベトナム軍が調査を行っていた。
img020.jpg
img017.jpg

共和国軍のチー大佐自ら村民を拷問尋問していた時、突然の爆発音と共に解放戦線の攻撃が始まった。
img022.jpg
img023.jpg

この攻撃の最中、チー大佐が敵軍の捕虜となってしまい、敵陣営に拉致されてしまった!

米軍上層部は、当該地域の敵兵力の撃滅とチー大佐の救出作戦を全軍に発令した。
s-IMG_2005.jpg
s-img025.jpg

一般歩兵部隊はトラックに乗車し、目標地点に移動する。我々特殊部隊は、該当地域まで徒歩で移動、掃討し目標地点を確保せよとの命令が下った。

s-IMGA0183.jpg
s-IMGA0186.jpg
いつもキツい仕事は俺たちだ...と誰かがボヤいたような気がした。
s-IMG_2015_2016081114563385e.jpg

s-DSC00556.jpg
s-DSC00557.jpg
s-DSC00558.jpg
HEAVY少佐の指揮の元、小隊を少佐の率いるA分隊とウルゲイル大尉率いるB分隊の2個分隊に分け、有機的に該当地域まで行軍し確保した。
s-IMGA0195.jpg

途中陸軍のLRRPとSOGチームと協力しあいながら、敵に圧力を加え続ける。
s-IMGA0196.jpg
s-IMGA0199.jpg

一般歩兵の部隊も展開を始め、大規模な掃討作戦が開始された。
img046.jpg
img079.jpg
img077.jpg
img049.jpg

我々SEALチームはSOGと協力し、味方部隊を圧迫している敵勢力の殲滅を命じられ、照りつけるような暑さの中移動を開始した。
1_20160811150454dfa.jpg
2_201608111504561ea.jpg
s-DSC00559_20160811150457bb7.jpg
s-DSC00561_2016081115045963d.jpg

しばらく前進すると、相当規模の敵兵力と接触。ベトコン一個分隊相当の敵兵力らしいが、SOGと共同でこの敵兵力に攻撃を加える事となった!
s-IMGA0201.jpg
SEAL2個分隊はベトコン分隊を包囲殲滅、見事敵を捕虜にする事に成功した。
司令部に連絡すると、当初この戦果報告が信じられなかったようだ。だが、貴重な捕虜を捕えたという事で司令部へ捕虜を護送するよう命じられた。
s-IMGA0203.jpg
s-IMGA0205.jpg
s-IMGA0207_20160811151102d5e.jpg
s-IMGA0208_20160811151104162.jpg
s-IMGA0209.jpg
SEALが連れて帰った大量の捕虜に、司令部は沸き立っていた。この後捕虜がどのような運命を辿ったかは知らない。
s-IMGA0210.jpg
s-IMGA0215.jpg

司令部に帰還後、SEALには休むよう命じられた。助かった! 実はこの時私自身は限界に限りなく近づいていた。
水分をしっかり補給していたのだが、この暑さにヤラれ手持ちの水をほとんど飲み下してしまっていた。
これは自分の致命的なミスだった。
s-IMG_20160731_120520.jpg
s-IMGA0217.jpg
木陰で横にさせてもらったが、チーフから水を分けてもらいなんとか回復する事ができたが、左足に痙攣が起きていた。
再度の出撃命令が下った。私は気力を振り絞って立ち上がり、歩き出そうとした瞬間、自分の愛銃M60が給弾不良を起こしているのに気が付いた。
無情にも、ウルゲイル大尉からチームを離れ司令部に待機する事を命ぜられた。無念だ...
s-IMGA0218.jpg
s-IMGA0219.jpg

失意のどん底だった私を、海軍コーマン(衛生兵)のZEROGOが慰めてくれた。
せめて仲間が戻るまで、最後の瞬間までSEALらしくいようと、腰からぶら下げた大砲、M1911で司令部の警護を行う事にした。
すると司令部の近くで散発的な戦闘が始まった。
どうやら解放戦線の攻撃らしいが、海兵隊の連中が敵を捕虜に取れと怒鳴っていた。だが誰も出る気配もない。
私は腹の底でレザーネックどもに舌打ちをしながら前線に走り、傷ついて動けなくなっていた敵兵を抱え起こすと司令部まで引きづっていった。
捕虜は司令官のサケスキの残忍な拷問を受ける事になるだろう、だがそれは見なかった事にすればいい。
それは、SEALの一部が参加しているフェニックス計画でもよくある事だ。証拠など最初から無かった事にすればいいのだ。
サケスキの拷問を受ける捕虜の悲鳴を聞きながら、私はぼんやりとそんな事を思っていた時、司令部の裏の小高い丘に何か嫌な気配を感じた。
周辺警戒をする海兵隊員に声をかけようとした瞬間、地獄が始まった。
s-IMG_0725.jpg
敵の襲撃だ!
嵐のような敵の突撃が司令部へ向けられた。
普段私はピストルの重さを嫌って装備には加えないのだが、執拗にサイドアームを携行するように勧めてくれた、わが愛しのチーフにキスしたい気分だ。もしこの攻撃に生き残ったら彼に礼を言わなきゃなと思ったが、この奔流のような北ベトナム軍の突撃から逃げられないと、頭の片隅で冷静に計算する自分がいた。
次々に打ち倒される海兵隊員の悲鳴を聞きながら、私は咄嗟に傍らの茂みに飛び込み、自分の横を走り抜けようとした兵士を射殺した瞬間、この戦場で一番会いたくない人間に出くわしてしまった。
s-DSC00209_20160811163256548.jpg
s-IMG_20150712_114838_20160811163258f1a.jpg

昨年隣のアサ・ギリ戦区で北4810部隊を率い、米軍に大損害を与えたシ・ルバ軍曹が私の前にいたのだ!
最悪のタイミングでピストルしか持たない私は絶望した。だが奴を仕留める最大のチャンスだ!
「神様!」
私は普段祈らない神に祈りを唱えながらピストルを奴に向けた瞬間、体を数発の銃弾で射抜かれ私の意識は暗転した。
s-IMG_0726.jpg
s-IMG_0727.jpg
s-IMG_0730.jpg
ここで私のベトナムツアーは終わった。
後で聞いた話だが、シ・ルバ軍曹率いる北正規軍は、司令部に保管してある弾薬を奪取せんとこの奇襲攻撃を計画したらしい。
仲間のSEALチームが司令部救出作戦を行い、シ・ルバの部隊の半数に損害を与え、司令部から後退を強要したようだ。

一方、SOGのチームは敵司令部を襲撃する寸前の所で、意味不明の待機命令が司令部から下されてしまった。
s-sog.jpg
陸軍の連中も相当フラストレーションが溜まった事だろう。
SEALの方も、行方不明者捜索や唐突に下された待機命令に苦しめられた。これが戦争の不条理だろう。

戦いは終わった。
s-IMGA0226_20160811170347d2d.jpg
今回の任務では敵部隊をそっくり捕虜に取り、敵に甚大な損害を与える事に成功した。
勇敢に戦った仲間に感謝の意を!
Hoooooyah!!

***************************************************************************************
後半、写真が足らないのを無理やり小説形式で紹介させてもらいました。戦闘経過はこの通りです。
僕が鬼畜シ・ルバ軍曹に撃ちこまれたのは事実ですw畜生、もう少しで仕留める事ができたのに!(笑)

アホカリプス2016、お疲れさまでした!
そして参加された皆様、本当にお疲れさまでした! また来年もかの地で集いましょう!


写真提供

スキッパー殿
MIZZさん
Costoco殿
番長殿
Mk殿
アイヘンドルフ殿
フィッシャー殿
ぐーる殿
ありがとうございました!

アホカリプス2016 Day-2-1

7月31日

自宅からイベント会場に向け前進!
s-IMG_0686.jpg

週間予報では雨の予報だった本栖湖周辺でしたが、もう雲一つないどピーカンの晴天となりました。
0500過ぎに開場に戻ったワイ、早速準備に取り掛かります。

SEAL隊員の朝は早い。
s-IMG_0690.jpg

s-IMG_0701.jpg
s-IMG_0709.jpg


s-DSC00488_201608101933438a2.jpg


s-DSC00494.jpg
s-IMGA0144.jpg
皆準備に余念がない。
1_20160810193000156.jpg
4.jpg
今回ST-2から増援として派遣されたBancyoとYousu,Mkの3名がST-1に編入された。ベテラン勢の編入は願ってもない事である。

s-DSC00501.jpg
海軍基地の隣にあるSOGチームも、CIDG隊員と共に戦闘準備が完了したようだ。
2_20160810193454552.jpg
3_20160810193455098.jpg

s-DSC00504.jpg
s-IMG_0724.jpg
戦闘準備が終わった私。M60射手を拝命し、敵拠点攻撃任務に備える。

s-DSC00506.jpg
新型のポンプアクション式グレネードランチャーを構えるウルゲイル大尉。
s-DSC00505.jpg
ストーナーマンのHUNGと、グレネーダーのFISHER
s-IMGA0155.jpg
ST-2からの増援組、ストーナーマンのYOUSUとBANCYO、自分用にカスタマイズされたストーナーを手足のように操る優秀なマシンガナーだ。
Mkはグレネーダー、彼がいる場所はいつも激戦地だ。

s-IMGA0153.jpg
ここで、付き合いは長いのだが初めて3人顔を合わせたスキッパー殿とゴールドマン中尉殿、そして私の3人で写真を収めてもらった。中尉はこの後、フェニックス計画が忙しいからと、CIAが用意したドイツ車に乗って行方をくらませてしまった....

s-DSC00512_20160810200359474.jpg
ST-1,ST-2合同チームにて一枚。ここまで重装備での部隊編成は珍しい。どんな敵でもこの火力ならば打ち砕いてしまうだろう。
s-DSC00520_20160810200401f01.jpg
陸軍SOGチームと一枚。今回の任務は、陸軍との共同作戦との事だ。

s-img243.jpg
海兵隊員ZEROGOが安全を確保した中で、部隊ミーティングが行われた。

s-img012_20160810201319251.jpg
s-img013.jpg
s-IMGA0162.jpg

s-IMGA0163.jpg

s-8850568_2222467892_127large_20160810201451901.jpg
SEALの面々はいつも顔色が悪いと、爆弾専門の武器商人からからかわれてしまった。確かにそうだ(笑)

s-8850568_2222467853_156large.jpg
出撃前におどける、[チーフ]Skipperと私。

s-IMGA0174.jpg
「チーフ、兄さんが来てますよ!」とつい声を出してしまったが、彼は従軍カメラマンのヴィン氏であった。
まるで血を分けた兄弟のようである。世間は広い(笑)

s-IMGA0171.jpg

猛烈な照りつけるような酷暑の中、部隊集結が行われ、いよいよ出撃命令が下される事となる...

Day-2-2へ続く
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。