買い物狂いの忘備録

40代の物欲にまみれたオッサンの忘備録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など忘備録的に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAVY SEALs関連記事のまとめ

昨年から、ベトナム戦争時代のシールチームの歴史や色々な考察を書いてきました。
今まで日本ではほとんど知られていなかった、NAVY SEALsの初期の歴史や作戦行動などを色々書けて、僕自身も大変勉強になりました。
ただその該当記事に行くのに、このブログのデザインだとえらく面倒だというのに気が付きましてw,改めてこの記事から各ページに飛べるようにしようかと思います。

インターネット見て人の装備マネする前に資料買えよ、という記事w

ベト戦SEALS入門


NAVY SEALsの創設~ベトナム戦争終結までの歴史

NAVY SEALs の歴史 序章
NAVY SEALs の歴史 1 誕生~ベトナム戦争への道
NAVY SEALs の歴史 2 戦火の中へ(1966~)
NAVY SEALs の歴史 3 転換点 テト攻勢(1968~)
NAVY SEALs の歴史 4 ベトナムからの撤退


1965-1966年、ベトナムへ派兵されたUDT/SEALチームについてまとめたお話。

1965-1966 Part1
1965-1966 Part2
1965-1966 Part3

1968年、テト攻勢下でのNAVY SEALs/UDTの作戦行動についてまとめたお話。

テト(1968) part1
テト(1968) part2
テト(1968) part3
テト(1968) part4
テト(1968) part5
テト(1968) part6

ベトナム戦争下、案外と知られていないUDTチームの事を書いた一編。


UDT in Action

現用勢のリクエストにお応えして書いた、グレナダ侵攻時のNAVY SEALsの行動について。
(もうこの後の時代は自分で翻訳汁wwww)

Seals in action グレナダ侵攻作戦


ベトナム戦争中、暗殺作戦として知られたフェニックス計画とPRU(省偵察隊)についてまとめたお話。

フェニックス 1967-1971

ベトナム戦中、シールチームが使用した武器に関しての記事。

Navy SEALs Weapons
Navy SEALs Weapons 2

SEALチームで使われた有名なシステム23 M60デスマシーンに関しての記事。

死の咆哮 DEATH MACHINE

戦術的、装備的な考察。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2


ベトナムSEALsが使用した、有名な装備であるSEALベストとコートに関してまとめた記事。

SEALベストとSEALコートのお話
SEALベストとSEALコートのお話 2


NAVY SEALsのトレードマーク、UDTライフプリザーバーの紹介記事。

UDTライフプリザーバー雑記

同じくベトナム戦SEALsの代名詞となった、シールチームとジーンズに関する記事。

Navy SEALSはジーパンの夢を見るか


とりあえずこのようにまとめてみました。
これからも時間が許す限り、ベトナム戦中のNAVY SEALsの事を書いてみようと思っております。



関連記事
スポンサーサイト

近況報告

さて、先日上げたフェニック計画のお話ですが、多数の方にお読み頂いております、ありがとうございます。
拙い翻訳で本当に申し訳ないのですが、暇をみながら適宜修正していきますのでご容赦を。

さて近況報告的な感じで今回は書かせて頂きます。

10月1日~2日、岐阜で開催されるNAMNAMに向けて、9月の間は色々な準備をしておりました。
s-IMG_1328.jpg
先日購入したEA社JWDタイガーですが、トラウザースを毎度おなじみさんそうタクティカルにお直しに出しました。
愛用しているアメリカン・イーグル社のスリムチノと同寸に縮めてもらい、いわゆるスリムパンツのスタイルにしてもらいました。

今回の遠征では、HPの写真撮影も兼ねるという事で、色々な装具を用意してみました。
photocat2.jpg
イベントではM60射手ですが、ライフルマンの装備も加えちゃいます。
通常は持っていかない56式小銃も用意し、デモリッションバッグの準備も万端です。

photocat_20160927170046782.jpg

さっくり揃えてみました。
僕が装備を揃えると、なんか軽装になる傾向があります(笑)

ここで問題になるのが当日に着る服です。
妻に撮影協力を求めてみました。
s-IMG_1368.jpg
上下JWDタイガー

s-IMG_1369.jpg
上タイガーの下501ジーンズ

s-IMG_1370.jpg
上ベトコンブラックパジャマ 下JWDトラウザース

photocat3.jpg
上ベトコンブラックパジャマ 下501ジーンズ

みたいな感じでキャッキャウフフしながら妄想を膨らましていましたが、9月25日の緊急連絡にて主催者様から連絡があり、40年ぶりの暴風が続き会場が水没、
NAMNAMは中止となってしまいました.....

自然相手では仕方ないネ♡、と思ったものの、意気込んで用意していた分猛烈な虚脱感に襲われています...
さて、気を取り直して 出した装備をかたづけます↘

主催者様、来年開催の際にはなんとか都合をつけて参戦致します。
お疲れさまでした!


関連記事

EA JWDパターンタイガーストライプを買ったった

久しぶりの更新です。
あと本当に久方ぶりに買ったったシリーズの記事を書けて、それもミリ物の購入報告ができて本当に嬉しいです、はい。
(改めて見直してみると、BBQコンロ買った記事と、後はミリ物翻訳かガルパン記事しか書いてねぇやw)

今回いつもお世話になっておりますEast Asia社から,JWDパターンタイガーストライプが発売されましたので早速購入してみました。
今まで色々なパターンのタイガーストライプがEA社から発売されておりますが、今回発売されたJWD(JHON WAYNE DENSE)パターンもタイガーストライプの中でも知られている迷彩となっております。
何故ジョン・ウエィンパターンと呼ばれているかというと、西部劇の雄ジョン・ウエィン主演のベトナム戦争映画、「グリーン・ベレー」にて主人公たち米軍特殊部隊がこのパターンのタイガースーツを着用していた事から呼ばれるようになりました。


1968年に公開されたベトナム戦争映画ですが、陳腐であるとか戦争礼賛であるとかの意見もありますが、面白い映画ですのでミリタリーフリークは是非ともご覧になってください。

さて、僕はEA社日本総代理店であるクラッシファイドさんに注文し、先日会社に荷物が到着しました。
s-IMG_1145.jpg

s-IMG_1151.jpg
s-IMG_1149.jpg
一度も洗ってない状態で撮影しました。

今回クラッシファイドさんからのアナウンスによると、洗う事によっておこる縮みは発生しないとの事でしたが、僕よりも先に入手していた方々からの情報によると、なんだかんだと思いっきり縮んだと報告がありました。
洗う前に試着してみましたが、今までのタイガーシリーズに比べ、若干大きいのかな?トラウザースは完全にお直し行きの扱いとなりますね。

自宅で洗ってみた。
s-IMG_1308.jpg
s-IMG_1309.jpg
室内の蛍光灯の下で撮影してみました。
タイガーパターンとして素晴らしい出来具合です。
s-IMG_1312.jpg
縮みですが、やはり若干縮みが発生しています。報告にあったような酷い縮みは無く、新品のジーンズをワンウォッシュしたくらいの縮みはありました。
コットン製品は着用前に一度洗濯するのは常識ですからね。

で、このJWDタイガーパターンですが、アメリカで有名なUS・タイガーストライプ社も同じようなパターンの迷彩服を販売しておりました。
自分が20年以上前に購入したタイガーストライプ社の服と比較してみましょう。
比較....
s-IMG_1314.jpg
おいっ!

猫をどかして仕切り直しでもう一枚。
s-IMG_1315.jpg
今現在、タイガーストライプ社はこのパターンの迷彩服を販売していないのですね。残念です。
それにしても比較してみるとよく似ています。昔はこのタイガーストライプ社の迷彩服がベト戦サバゲーで良い代用品だった時代もありました。

では自分の持っているタイガーパターンを全部並べてみましょう。
並べて.....
s-IMG_1168.jpg
おいっ!(怒)

自らを執拗にアピールする猫をどかして、撮影再開です。で、こうなりました。
s-IMG_1319.jpg
向かって左上より
EA ADS Type5 ゴールドタイガー
EA ADS Type3 ゴールドタイガー
EA タッドポールパターンタイガー
USタイガーストライプ社
EA JWDタイガー

下段左側
オークションで購入したゴールドタイガー なんだかんだと仕上りは良いですね。いい買い物をしました。
MASH シルバータイガー これを越えるシルバータイガーのリプロは存在しないというくらい素晴らしいです。

いつの間に増えちゃった(棒読み)
右斜め上の青字で書かれたタイガーストライプですが、着用できませんのであしからず________________________________

今は良いリプロダクト品が簡単に入手できる良い時代となりました。
ベトナム戦争におけるタイガーパターンの代表ともいえるJWD,お勧めですよ!

おまけ

何度も部屋を追い出されて、隅でふて寝する我が家のリアルタイガー_______
s-IMG_1165.jpg
関連記事

御殿場SVGNET春の大会 SPRING OPERATIONS2016に行ってきた

5月15日に行われた御殿場SVGNET春の大会 SPRING OPERATIONS 2016に行ってきました!

昨年の秋の大会以来のサバゲー参加となりました僕ですが、久しぶりにまったりと遊んできました。

s-s-IMG_1199.jpg
いつも御殿場の大会の時は天気が悪くなる事が多かったのですが、日曜日は朝から暑いくらいの晴天に恵まれました。

s-s-IMG_1194.jpg

アナウンスをするsilver氏

で、僕は運営のお手伝いをしてました。
s-s-IMG_9859.jpg
お手伝い(意味深)

s-s-IMG_9863.jpg
華とたわむれるワイ(45) 撮影MIZZさん

こんなアホな事をやりながら、受付の手伝いをしておりました(笑)

あと暑くなってきたので、上を脱ぎながら仕事もします。
s-1.jpg
(画像には適切な加工を施しております)

そんなこんなで大会の開始です。
今回7月開催のベトナム戦イベントアホカリプス2016に向け、ライフルマン装備の研究という事で実験的に色々と組み合わせた装備で参戦しました。
s-s-IMG_9864.jpg
s-s-IMG_9866.jpg
午前中は、EA社のタッドポールパターントラウザースにベトコンのブラックパジャマの組み合わせ。
装備は前回のエントリーにありました、56式チェストリグと1956装備の組み合わせをしてみました。
チェストリグのスロットにM16の30連マガジンを2本づつ差し込み、計6本携行しています。
背中が寂しかったので、M72LAWランチャーを背負いアクセントにしてみました。
足元は手抜きと言われそうですが、実物のコーラルシューズを履いてみました。本栖湖のような火山岩が多い所では靴底が薄いので使用はしませんけどね。

ブッシュハットに巻いているのは、EA社から販売されているローカルメイドのベトナム鉢巻(笑)
s-s-IMG_9836.jpg
アクセントをつけたくてクラッシファイドさんから購入しました。

実際の使用例はこんな感じですね。
f4ed2084da104d58b436a7cba6e87e9a_huge.jpg
c87d99d83736453e8331cac6e185953f_huge.jpg

久しぶりに軽いXM177とAK-47(56式小銃)を持ってゲームに参加しましたので、午前中だけでもかなり相手をゲットする事ができました。

御殿場のSVGの一番の楽しみは、お昼のBBQ.
今回は前泊していたチーム「森のくまさん」の面々と、お魚を焼いて楽しむ事としました。
s-s-IMG_9869.jpg
s-s-IMG_9870.jpg
お魚を焼いて.....

魚屋がサービスでくれたマグロの頭を焼いたのはいいですが、焼き上がりに1時間以上かかってしまいえらい事になりました。。

s-s-IMG_9872.jpg
少し焼けたところを皆でつつき回し、まるで
焼死体を貪り食べるゾンビ集団
みたいな感じで食べました。。。

午後は上着だけお着替えして、改めてゲームに参加します。
s-s-IMG_1218.jpg
s-s-IMG_1219.jpg
s-s-IMG_1221.jpg
上着もタッドポールタイガーに着替えてみました。

s-s-IMG_1225.jpg
銃を構えるワイ
腕時計を適当なものをつけてきてしまったので、画像加工させてもらいました(恥)

今回長距離行軍も想定して色々と組み合わせてみましたが、色々と課題が見えてきました。
7月のアホカリ本番までには改善してみようと思います。
ま、その前に自分の身体を絞るのが先ですけどね(死)

s-s-IMG_1207_20160518184447a83.jpg

参加された皆様、お疲れさまでした!
また秋の大会でも遊びましょう!
関連記事

SEALベストとSEALコートのお話 2

SEALベストからの改良点

 若干の改良がおこなわれました。スナップはフラップの下に隠れて通常のボタンと取り換えられました。
装備を付けるための2つのナイロンループは、マガジンポーチより上に加えられました。
救急キットを付けるためのタブが改良されました。
 両そでにあったマガジンポーチは肩に移動し、肩の後方に4つマガジンポーチが配置されました。それより小型のポーチがコンパスや応急手当キット、またはタバコを入れるために袖に縫いつけられました。
左袖にポケットの横にあったペンシルポケットを追加しました。
 オープンサイドのシームは閉じ縫い付けられ、肩プリーツを排除しました。
最終的に浮き袋を挿入するための2つの開口部はフラップとスナップボタンを得て、ベルトループの下に移動しました。

FloatCoat02.jpg
いわゆる、通常のERDLカモジャケットにマガジンポーチを縫い付け、浮き袋が収納できるように改造を施したライフルマンコートの誕生です。
SEALベストで両腕に付けられたマガジンポーチは、腕が動かしずらく邪魔という事で現地では切り落とされる事が多かったのです。
これでSEALベストと同様、M-16の20連マガジンを16本携行できるようになりました。

 戦地からの要請で、同様のコンセプトでグレネーダーコートと無線手用のラジオマンコートもネイティック研究所で製作されました。
基本的にライフルマンコートと同じデザインで、当時SEAL隊員が愛用していたXM-148グレネードランチャー用の40mmグレネードを収納できるポーチをマガジンポーチの代わりに取り付けられたグレネーダーコート。
FloatCoat03.jpg

 ラジオマンコートは、コートの背中に当時標準的に使用されていたPRC-25が入る大きさの開口部を開け、使用者はTシャツを着てPRC-25を背負いその上からコートを羽織るという形で使用しました。
SEAL_COAT_2.jpg

実戦での評価

 1969年に満を持してベトナムに投入されたSEALコートですが、SEALチーム1・2、UDT21・22に支給されました。
この後、SEALコートがこれ以上支給されたかどうか定かではありません。
コートが支給されてすぐ、隊員たちはコートを改造してしまいます。

○襟をカット
○袖をカット

SEALコートをベストにしてしまったのです。

理由は何点か。

○ 今まで使用していたSEALベストの運用が上手くいっていた。
SEALベストはいわゆるライフルマンベストと、マガジンポーチを取り払い救命胴衣のようにし、弾帯を容易にたすき掛けができるようにした機関銃手用の2種類存在しましたが、隊員が各人の好みで色々なベストを製作し使用していました。
1017453_1955693441323151_6892304489008847665_n.jpg
FloatCoat01.jpg

944088_1956013344624494_2871288085563549237_n.jpg
IMG_8861.jpg
写真提供 East Asia Supply co.
Thank you!

 現地の兵がライフルマンベストにグレネードポーチを縫い付けたモデファイ(改良)Verですが、East Asiaサプライ様が製作しました精工なリプロ品の写真をお借りしました。
同様に、M-16の20連ではなく30連マガジンを収納できるように改良したりと、さまざまな形のベストが存在しておりました。

○装備の交換や投棄が困難であった
 SEALは作戦行動中、緊急時には装備を投棄し離脱する事が許されていました。
SEALコートはアイデアは大変良かったのですが、もしコートを着用している隊員が作戦行動中斃れた場合他の隊員がその役割を引き継ぐのですが、コートを脱がしてしまうとその隊員が裸になってしまうので大変まずいという事になりました。
 同様の理由で、緊急時に装備を投棄した場合、着用者が裸になってまいますからね。
なので迷彩服の上からベストを着用した方が投棄もしやすいという事で、コートがベストに改造されました。

○特殊部隊でM-16の30連マガジンが普及していた
 コートが支給された1969年当時、M-16の30連マガジンの使用が特殊部隊で広まっていました。
ネイテック研究所で作られ支給された官給品は、20連マガジンを収納するマガジンポーチでした....

他にも色々理由がありますが、ベトナム戦争にてSEALコートの使用例はあまり見られずに終わってしまいました。

nwq06.jpg
向かって右側の隊員。グレネードコートをベストに改造したものを着用している所に注意。

例外として、タイガーストライプジャケットでライフルマンコートを製作したものも存在します。
12368996_1942694819289680_2426137074966942342_n.jpg
12369222_1942694825956346_7080988221273373858_n.jpg
12391776_1947637058795456_7595350947606589830_n.jpg
12391858_1947637095462119_7204001058840785664_n.jpg

 これもEast Asia Supply社で製作されたものですが、実際に存在しているライフルマンコートのリプロ品です。
これはM-16の30連マガジンを8本携行できるように作られており、ERDLのライフルマンコートと作りが違います。
現在日本総代理店のクラッシファイドさんで絶賛発売中です(限定生産なのでお早目に)

 SEALコートは決して人気のある装備とは言えませんでした。ですが3つの要素を1つにして装備の重量を腰回りよりもむしろ胴全体に配分し、目立つライフプリザーバーを保護して偽装し、通常の標準的な装備よりも大量の弾薬を運ぶ事を可能としました。
1980年代までSEALコートは使用され、ある一定の評価を受けたとの話もあります。
(グレナダ侵攻作戦の際にも使用されたとの話あり)



My presentation will end here.





関連記事
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。