FC2ブログ

買い物狂いの備忘録

40代の物欲にまみれたオッサンの備忘録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など備忘録的に書いてます。

NAVY SEALs関連記事のまとめ

昨年から、ベトナム戦争時代のシールチームの歴史や色々な考察を書いてきました。
今まで日本ではほとんど知られていなかった、NAVY SEALsの初期の歴史や作戦行動などを色々書けて、僕自身も大変勉強になりました。
ただその該当記事に行くのに、このブログのデザインだとえらく面倒だというのに気が付きましてw,改めてこの記事から各ページに飛べるようにしようかと思います。

インターネット見て人の装備マネする前に資料買えよ、という記事w

ベト戦SEALS入門


NAVY SEALsの創設~ベトナム戦争終結までの歴史

NAVY SEALs の歴史 序章
NAVY SEALs の歴史 1 誕生~ベトナム戦争への道
NAVY SEALs の歴史 2 戦火の中へ(1966~)
NAVY SEALs の歴史 3 転換点 テト攻勢(1968~)
NAVY SEALs の歴史 4 ベトナムからの撤退


1965-1966年、ベトナムへ派兵されたUDT/SEALチームについてまとめたお話。

1965-1966 Part1
1965-1966 Part2
1965-1966 Part3

1968年、テト攻勢下でのNAVY SEALs/UDTの作戦行動についてまとめたお話。

テト(1968) part1
テト(1968) part2
テト(1968) part3
テト(1968) part4
テト(1968) part5
テト(1968) part6

ベトナム戦争下、案外と知られていないUDTチームの事を書いた一編。


UDT in Action

現用勢のリクエストにお応えして書いた、グレナダ侵攻時のNAVY SEALsの行動について。
(もうこの後の時代は自分で翻訳汁wwww)

Seals in action グレナダ侵攻作戦


ベトナム戦争中、暗殺作戦として知られたフェニックス計画とPRU(省偵察隊)についてまとめたお話。

フェニックス 1967-1971

ベトナム戦中、シールチームが使用した武器に関しての記事。

Navy SEALs Weapons
Navy SEALs Weapons 2

SEALチームで使われた有名なシステム23 M60デスマシーンに関しての記事。

死の咆哮 DEATH MACHINE

戦術的、装備的な考察。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2


ベトナムSEALsが使用した、有名な装備であるSEALベストとコートに関してまとめた記事。

SEALベストとSEALコートのお話
SEALベストとSEALコートのお話 2


NAVY SEALsのトレードマーク、UDTライフプリザーバーの紹介記事。

UDTライフプリザーバー雑記

同じくベトナム戦SEALsの代名詞となった、シールチームとジーンズに関する記事。

Navy SEALSはジーパンの夢を見るか


とりあえずこのようにまとめてみました。
これからも時間が許す限り、ベトナム戦中のNAVY SEALsの事を書いてみようと思っております。



関連記事
スポンサーサイト



アホカリプス2019 Day-2

Day-2

前日からの豪雨は自分が持っていたタープを半壊させ、皆が寝ていたテントへ浸水被害をもたらすなど、甚大な被害を与えていた。
イベントの開催が危惧されていたが、ウルゲイル大尉の一言でシーハウンドのメンバーは装備を整える事となった。

SEAL隊員の朝は早い
アホカリ2019_190719_0061
アホカリ2019_190719_0065
アホカリ2019_190719_0067
断続的に降る雨の中、入念なフェイスペイントと装具のチェックを行う。
すると本部から、前日雨でできなかった弾速測定をするとのアナウンスが流れた。
俄然やる気の出たメンバーは、手早く確実に装備を整えていく。
アホカリ2019_190719_0006
SEALチーム2のメンバーと談笑するニック少尉。
アホカリ2019_190719_0076
ベトナム軍のサンハットを使うニック少尉。
後でこの帽子が原因でヒヤリとする事があった。

アホカリ2019_190719_0086
チェックを済ませたチームメンバー。やる気十分である。

アホカリ2019_190719_0079
出撃前の一枚。
67256526_377032092954625_6118506342824017920_n.jpg
今回共に戦うSEALチーム2”Red viper”のメンバーと。
共に火力偏重の装備である事がわかる。

_DSF5330.jpg
アホカリ2019_190719_0341
出撃前のミーティング。米軍共産軍とも悪天候の中にもかかわらず、参加将兵の士気はとても高かった。
ファイル 2019-07-18 22 37 54

DSC_1667.jpg

cYNGrplf.jpg
関連記事

アホカリプス2019 Day-1

2019年7月に開催された、アホカリプス2019へ参加してきました。

年に一回の大イベント、昨年は関西地方を襲った豪雨で参加できなかった仲間たちと久しぶりの再会です。
アホカリ2019_190719_0180

アホな画像はこれまでにして、本隊に遅れて到着してしまいました(汗)
アホカリ2019_190719_0146

土曜日のこの段階では、曇り空だったんですよね。
アホカリ2019_190719_0053
アホカリ2019_190719_0049
アホカリ2019_190719_0051

アホカリ2019_190719_0095
早速チームの制服に着替え、シーハウンド一同で記念撮影。

今回、ニック少尉(Ensign)とフィッシャー三等兵曹(Petty officer third class)の昇任式が行われました。
アホカリ2019_190719_0114
アホカリ2019_190719_0003
アホカリ2019_190719_0106
ニック少尉、フィッシャー三等兵曹、おめでとうございます!

それに、今回のアホカリで正式にウォーターがシーハウンドへ入隊しました!
アホカリ2019_190719_0143
Welcom Sea Hound!

アホカリ2019_190719_0011
これからもよろしくお願いします!

キャンプサイトの設営が終わった所で、雨が降りはじめました。
DSC_1503.jpg
アホカリ2019_190719_0248
アホカリ2019_190719_0249
ヨーイチさんのお店で喉を潤す海軍兵士。

そんな時、SEALチームのスカンクワークス、関東のネイテックと呼ばれているヨウス君から、ストーナー祭りへの参加を誘われました。
DSC_1375.jpg

ストーナーマシンガン以外でも参加は可、特殊部隊で使われた珍妙兵器を並べて展示しようという企画でしたが...
お前ら頭おかしいだろう
という銃の展示会となってしまいましたw

DSC_1324.jpg
DSC_1325.jpg
DSC_1340.jpg
DSC_1344.jpg
DSC_1345.jpg
アホカリ2019_190719_0315
アホカリ2019_190719_0311
アホカリ2019_190719_0309
アホカリ2019_190719_0308


圧巻は、ヨーイチさんが持っているCal50に実物のPVSをマウントしたもの。
写真で見た事はあるけども、こんなの初めて見た(滝汗)
DSC_1352.jpg

テントの中の銃トータルで車を新車で買えるくらいの金をぶち込んだ、こだわりの銃展覧会でした。
いやー、眼福。

DSC_1508.jpg
DSC_1514.jpg
雨の中での開会式、ここから雨脚は更に強くなってきました……

そんな中海軍基地では、肉を椀子そばのように食べる催しが行われていた......
アホカリ2019_190719_0009
アホカリ2019_190719_0037

アホカリ2019_190719_0252
妻謹製のスパムおにぎり、ビーフシチューがとても美味でした。妻、いつもありがとう!

肉にむらがる男たち、夜宴は夜遅くまで...今回あまりの豪雨で海軍の面々は早々にテントへ横になってしまいました。
アホカリ2019_190719_0034
遊びに来られた方々へ、本当にごめんなさい。
自分は雨に当たりすぎて体が冷えたのか、7時には車の中へ避難してしまいました。
自分のテントを立てる事すらできない悪天候の中、激しい雨音を聞きながらまどろみの中へ......

Day-2へ続く
関連記事

Olongapoバンドを作ってもらおう!

olongapoバンドって何?
と思われた方もいらっしゃると思うので、olongapoバンドとはなんぞやという歴史の話からしてみましょう。
フィリピンのスービック海軍基地は第二次世界大戦前より、米軍の東南アジアでの最大の軍事重要拠点であった。
subic.jpg
ベトナム戦争中、海軍の水兵達が休暇で過ごした場所でもあるが、そこの歓楽街ではUDTSEALの隊員も休暇を楽しんでいた。
スービック海軍基地のあるオルガンポ市には装飾品を作る職人がおり、そこで記念品として装飾を施されたブレスレットや時計バンドが作られた。
DAVIS.jpg
ebbaca023173050cbff5e296786d17c2.jpg
各部隊ごとのエンブレムが飾り付けられたバンドは兵士達の間で流行り、このブレスレットはスービック海軍基地のあったOlongapo市にちなみ、olongapo Bandと呼ばれた。
ここで名著Seal in VietnamのUDTの項にて、SEAL/UDTで任務中唯一Olngapo Bandを使っている写真がここにある。
mikeslattery_20(Medium).jpg
1971年1月3日、太平洋艦隊に所属しダナンを拠点とするUDT-13所属マイク・スラタリー中尉が、ベトナムの破壊された橋脚の下で任務に就いていた写真である。
-_20theboys.jpg
-_20theboys-1.jpg
スタラリー中尉はこの後、SEALチーム1へ転属する。
ここでベトナム戦争中、UDT/SEALへ支給されていた時計の事を書き添えておく。
SEAL隊員が使われていた時計で有名なのがベンラス社のタイプ1だが、1960年代BUD/S(選抜課程)を突破したSEAL/UDT隊員へ支給されたのは、Tudor Submariner reference 7928モデルであった。
inside_tudor_watch_archives_38.jpg
時計の12時方向に小さな薔薇のマークがついているので、通称「薔薇サブ」とも呼ばれている。
G.jpg
スタラリー中尉はUDT-13に所属していた際、Tudorに付けられたOlongapoバンドをペンキで黒く塗って使用し、ST-1へ転属した際は黒いナイロン製時計バンドへ付け替えて使用したとの事だ。
dsc02410_edited.jpg
dsc02400_edited.jpg
dsc02401_edited.jpg
dsc02409_edited.jpg
dsc02407_edited.jpg
こうして兵士達の間で流行ったOlongapoバンドだが、ピナトゥボ火山の噴火によりスービック海軍基地が閉鎖された後、時計コレクターの間で知る人ぞ知る逸品となった。
ダウンロード (1)
ダウンロード
martijn.jpg
post-492-1202241908.jpg
Olongapoバンドの歴史をざっくりと書いてみました。
数年前、海外の時計フォーラムでこのバンドの存在を知り色々探していましたが......現在でもOlonpapoバンドをオーダーで製作してくれる職人を探し出し、コンタクトを取り注文してみました。
フィリピンのOlongapo市在住の職人さんで、Facebookでページを開いています。
Olongapobands
デザインですが、テンプレートの徽章が何種類かありますので、それを時計バンドの12時方向と6時方向へ何を付けるかを決めます。
images_2019070611460355b.jpg
特殊な部隊章も、デザインをしっかり描いたり資料を添付してあげると作ってもらえます(ちゃんと聞いてみよう!)
無論バンドの裏にも字を彫ってもらえますし、部隊のスローガンなんかを入れてもカッコイイかもです。
そこで金額の見積もりを出してもらえます。
写真 2019-05-20 17 56 07
デザインが決まったら、時計の採寸です。
時計の幅を計測します。バンド取付部の幅です。
to1.jpg
to2.jpg
to3.jpg
バンドを取り付けるピンの太さを計測します。
ここで、昔の軍用時計のようにピンが外せないモデルも存在します(例えば1980年代のMARATHON)
時計バンドも外せないダイバーズウオッチも存在しますから、時計屋さんで聞いてみるのも良いでしょう。
写真 2019-05-20 17 54 09
写真 2019-05-20 17 54 14
写真は、我が家に転がっていたオメガのシーマスター。このモデルはバンドと本体が一体となっているので、外すのは不可能なんです。
ピンを外せるかどうかも必ず伝えてください。ピンが外せなくて固定されているモデルでも、バンドを作ってもらえます。
安いノギスでかまいませんので、正確に測りましょう。
最後に重要なのは、自分の手首をしっかり計測してください。
以上の計測は、絶対適当にやらないでください。
言われた通りの寸法で職人さんが作りますので、納得がいくまでデザインを考えて寸法を測ってください。

以上をふまえ
デザイン
各部の寸法
ピンが外せるかどうか
時計の全体写真も添えてメールしてください


以上全部英語でのやり取りとなります(笑)
私は無料翻訳機を駆使して文を作りましたが、中学英語程度の話となります。そこは頑張ってください。
自分の力で頑張ってください!!完成した時の喜びがひとしおです(注文代行してと言われそうなので、私は絶対嫌だから先回りして書いておきますw)
後はpaypalで支払い、到着まで待ちます。
到着したら、腕に付けて愛でましょう!
今回自分が注文したのはこちら
IMG_224s9.jpg
ファイル 2019-07-04 20 03 04
ファイル 2019-07-04 20 02 55
リーダーであるウルゲイル大尉のバンド
3478.jpg
3479.jpg
チームの火力の要 ニック少尉のバンド
S__61317124.jpg
Olongapoバンド、海軍だけでなく陸軍のデザインもできますよ。
8405_1121661051178566_3099158240339216589_n.jpg
12806058_1121661054511899_7039966070582227464_n.jpg
12321590_1121661057845232_2882353602555132843_n.jpg
12805688_1121661124511892_3471051931164710038_n.jpg
最強ミリオタイキリバンド、あなたもいかがですか!
Thank you Jaffy San!!
関連記事

ベトナムSEAL 手榴弾携行方法について

本日のお題ですが、ベトナム戦時のSEALがどのように手榴弾を携行したかについて書いてみようと思います。

通常歩兵は手榴弾を2個携行します。
1966年、SEALチーム1がベトナムのメコンデルタ地帯へ正式に派遣され、泥の中で共産勢力と戦い経験を積んでいきます。
その後、アメリカ本土からSEALチーム2の部隊がベトナムへ増派され、戦線は拡大していきます。
そこでSEALチーム2の隊員は、先遣として戦ったチーム1の隊員から訓練を受け様々な事を学んでいきました。
これに関しては、この記事を参照してください。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2

作戦へ出る隊員は、攻撃型手榴弾を4個は携行すべきとあります。
手榴弾は手軽で強力な攻撃手段なので、多く持っていったのでしょう。
そこで、どのように手榴弾を持っていったのか。

1_201906141733092c7.jpg
米軍のマガジンポーチの横には、手榴弾のレバーを差し込み保持するループが取り付けられています。
2_20190614173432982.jpg
LC-2マガジンポーチですと、手榴弾をしっかりと保持できるポケットが付いていますね。

それ以外に、手軽な携行方法としてサスペンダーやピストルベルトへ手榴弾のレバーを差し込むという方法があります。
5.jpg
3_20190614181617f6d.jpg

手榴弾自体重さが450gほどありますが、やはり激しい動きなどをしたら落としてしまう恐れがあります。
そこで、こんな事をします。
4_201906141818376eb.jpg
用意するのは、太目の輪ゴム。
5_20190614181838152.jpg
手榴弾のレバー下部を少しだけ曲げて引っかかりを作ります。
8.jpg
7.jpg
こうして輪ゴムをかけて脱落防止をします。

以前Cレーションのスプーンを使った脱落防止法を紹介しましたが
記述してある英語の誤訳
実際に行われたのが確認されておらず、この輪ゴムを使った方法が一般的だった
というご指摘を頂き、ここに訂正させていただきます。
ご指摘くださったDJ-Vietnam様には深く感謝致します。
関連記事
次のページ