FC2ブログ

買い物狂いの備忘録

40代の物欲にまみれたオッサンの備忘録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など備忘録的に書いてます。

アホカリプス2019 Day-2

Day-2

前日からの豪雨は自分が持っていたタープを半壊させ、皆が寝ていたテントへ浸水被害をもたらすなど、甚大な被害を与えていた。
イベントの開催が危惧されていたが、ウルゲイル大尉の一言でシーハウンドのメンバーは装備を整える事となった。

SEAL隊員の朝は早い
アホカリ2019_190719_0061
アホカリ2019_190719_0065
アホカリ2019_190719_0067
断続的に降る雨の中、入念なフェイスペイントと装具のチェックを行う。
すると本部から、前日雨でできなかった弾速測定をするとのアナウンスが流れた。
俄然やる気の出たメンバーは、手早く確実に装備を整えていく。
アホカリ2019_190719_0006
SEALチーム2のメンバーと談笑するニック少尉。
アホカリ2019_190719_0076
ベトナム軍のサンハットを使うニック少尉。
後でこの帽子が原因でヒヤリとする事があった。

アホカリ2019_190719_0086
チェックを済ませたチームメンバー。やる気十分である。

アホカリ2019_190719_0079
出撃前の一枚。
67256526_377032092954625_6118506342824017920_n.jpg
今回共に戦うSEALチーム2”Red viper”のメンバーと。
共に火力偏重の装備である事がわかる。

_DSF5330.jpg
アホカリ2019_190719_0341
出撃前のミーティング。米軍共産軍とも悪天候の中にもかかわらず、参加将兵の士気はとても高かった。
ファイル 2019-07-18 22 37 54

DSC_1667.jpg

cYNGrplf.jpg
関連記事
スポンサーサイト



アホカリプス2019 Day-1

2019年7月に開催された、アホカリプス2019へ参加してきました。

年に一回の大イベント、昨年は関西地方を襲った豪雨で参加できなかった仲間たちと久しぶりの再会です。
アホカリ2019_190719_0180

アホな画像はこれまでにして、本隊に遅れて到着してしまいました(汗)
アホカリ2019_190719_0146

土曜日のこの段階では、曇り空だったんですよね。
アホカリ2019_190719_0053
アホカリ2019_190719_0049
アホカリ2019_190719_0051

アホカリ2019_190719_0095
早速チームの制服に着替え、シーハウンド一同で記念撮影。

今回、ニック少尉(Ensign)とフィッシャー三等兵曹(Petty officer third class)の昇任式が行われました。
アホカリ2019_190719_0114
アホカリ2019_190719_0003
アホカリ2019_190719_0106
ニック少尉、フィッシャー三等兵曹、おめでとうございます!

それに、今回のアホカリで正式にウォーターがシーハウンドへ入隊しました!
アホカリ2019_190719_0143
Welcom Sea Hound!

アホカリ2019_190719_0011
これからもよろしくお願いします!

キャンプサイトの設営が終わった所で、雨が降りはじめました。
DSC_1503.jpg
アホカリ2019_190719_0248
アホカリ2019_190719_0249
ヨーイチさんのお店で喉を潤す海軍兵士。

そんな時、SEALチームのスカンクワークス、関東のネイテックと呼ばれているヨウス君から、ストーナー祭りへの参加を誘われました。
DSC_1375.jpg

ストーナーマシンガン以外でも参加は可、特殊部隊で使われた珍妙兵器を並べて展示しようという企画でしたが...
お前ら頭おかしいだろう
という銃の展示会となってしまいましたw

DSC_1324.jpg
DSC_1325.jpg
DSC_1340.jpg
DSC_1344.jpg
DSC_1345.jpg
アホカリ2019_190719_0315
アホカリ2019_190719_0311
アホカリ2019_190719_0309
アホカリ2019_190719_0308


圧巻は、ヨーイチさんが持っているCal50に実物のPVSをマウントしたもの。
写真で見た事はあるけども、こんなの初めて見た(滝汗)
DSC_1352.jpg

テントの中の銃トータルで車を新車で買えるくらいの金をぶち込んだ、こだわりの銃展覧会でした。
いやー、眼福。

DSC_1508.jpg
DSC_1514.jpg
雨の中での開会式、ここから雨脚は更に強くなってきました……

そんな中海軍基地では、肉を椀子そばのように食べる催しが行われていた......
アホカリ2019_190719_0009
アホカリ2019_190719_0037

アホカリ2019_190719_0252
妻謹製のスパムおにぎり、ビーフシチューがとても美味でした。妻、いつもありがとう!

肉にむらがる男たち、夜宴は夜遅くまで...今回あまりの豪雨で海軍の面々は早々にテントへ横になってしまいました。
アホカリ2019_190719_0034
遊びに来られた方々へ、本当にごめんなさい。
自分は雨に当たりすぎて体が冷えたのか、7時には車の中へ避難してしまいました。
自分のテントを立てる事すらできない悪天候の中、激しい雨音を聞きながらまどろみの中へ......

Day-2へ続く
関連記事

ベトナムSEAL 手榴弾携行方法について

本日のお題ですが、ベトナム戦時のSEALがどのように手榴弾を携行したかについて書いてみようと思います。

通常歩兵は手榴弾を2個携行します。
1966年、SEALチーム1がベトナムのメコンデルタ地帯へ正式に派遣され、泥の中で共産勢力と戦い経験を積んでいきます。
その後、アメリカ本土からSEALチーム2の部隊がベトナムへ増派され、戦線は拡大していきます。
そこでSEALチーム2の隊員は、先遣として戦ったチーム1の隊員から訓練を受け様々な事を学んでいきました。
これに関しては、この記事を参照してください。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2

作戦へ出る隊員は、攻撃型手榴弾を4個は携行すべきとあります。
手榴弾は手軽で強力な攻撃手段なので、多く持っていったのでしょう。
そこで、どのように手榴弾を持っていったのか。

1_201906141733092c7.jpg
米軍のマガジンポーチの横には、手榴弾のレバーを差し込み保持するループが取り付けられています。
2_20190614173432982.jpg
LC-2マガジンポーチですと、手榴弾をしっかりと保持できるポケットが付いていますね。

それ以外に、手軽な携行方法としてサスペンダーやピストルベルトへ手榴弾のレバーを差し込むという方法があります。
5.jpg
3_20190614181617f6d.jpg

手榴弾自体重さが450gほどありますが、やはり激しい動きなどをしたら落としてしまう恐れがあります。
そこで、こんな事をします。
4_201906141818376eb.jpg
用意するのは、太目の輪ゴム。
5_20190614181838152.jpg
手榴弾のレバー下部を少しだけ曲げて引っかかりを作ります。
8.jpg
7.jpg
こうして輪ゴムをかけて脱落防止をします。

以前Cレーションのスプーンを使った脱落防止法を紹介しましたが
記述してある英語の誤訳
実際に行われたのが確認されておらず、この輪ゴムを使った方法が一般的だった
というご指摘を頂き、ここに訂正させていただきます。
ご指摘くださったDJ-Vietnam様には深く感謝致します。
関連記事

ベンラスレプリカをドレスアップしてみた

ミリ活はちゃんとしています、はい物欲です。
先日、相互フォローしておりますPan American Airways様が非常に興味深い記事をアップされました。

ナム戦 SEALsが少数使用の腕時計用レプリカ革製カバー

よくここまで見ているなと、本当に感心してしまいました。
確かに、ベトナム戦争当時SEAL隊員が巻いていた腕時計には、ドットボタンが付いたものが良く見られましたね。
これを再現されたDVVietnam様、早速自分のベンラスレプリカで真似させてもらいました。

お願いしたのはこちら、
Nguyen Trading inc. ぐえん商事

連絡をしましたら、連休前であったにもかかわらずすぐに作業へ取り掛かってくれました。
数日後、ぐえん商事様から、こんな感じでできましたよと写真が送られてきました。
58444379_674864116266701_580263013836128256_n.jpg
58647094_2133645323419777_4650137275785543680_n.jpg
59183079_335274243800053_2136890261488271360_n.jpg

Oh!カッコいいぜ!

写真 2019-05-02 12 53 28
写真 2019-05-02 12 53 47
そして丁寧に梱包され帰ってきました。
これだと皮が馴染みませんね......

ぐえん商事様から教わった方法を試してみます。まずお風呂の温度くらいのお湯をボールへ入れ、そこに皮カバーを入れまして......
写真 2019-05-03 7 13 35
写真 2019-05-03 7 13 55
皮の中へお湯が染みるくらい漬けておき、頃合いを見て出したら水気が切れるまでよく拭いてください。

写真 2019-05-03 7 19 09
写真 2019-05-06 7 55 32

そして時計へ装着し、乾くまで数日放置します(自分の場合は二日くらいで乾きました)
これでしっかり型が付きましたね。

写真 2019-05-06 7 56 04
写真 2019-05-06 7 56 18
うん、カッコイイですね!
ぐえん商事様、ありがとうございました!
あと貴重な情報を教えてくださったDJVietnam様に感謝致します!!
関連記事

アホカリプス2018 Day After Day

二日目の状況を小説っぽく書いてみましたw

西日本豪雨災害にも見舞われ、挙句土曜日は断続的な大雨に襲われてしまい、散々な目に遭いました。
今回は、日頃SNSで『濃厚な』お付き合いしておりますが、そんなフォロワーさん達とお会いする事ができました。
それに昨年、体調不良で参加を断念したので、皆さまには大変ご心配をおかけしました....

IMG_1852.jpg
特筆すべきは、1分の1M113を作って持ち込んだヨーイチ殿
実物を見てすげえという言葉しかありませんでした。。。。。
s-qiQ8DlHC.jpg
コスプレ界で有名なぴょんさんと一枚(笑)
ズルいと言われたのは内緒ですw
s-IMG_2174.jpg
s-IMG_2228.jpg
s-IMG_2232.jpg
こんなのがフィールドを爆走したので、脳汁だだ洩れですわ。

s-IMG_0100_2018081418293372e.jpg
s-IMG_0147_201808141829348ab.jpg
s-IMG_0156.jpg
s-IMG_0148_201808141829361f4.jpg
カッコいいので、M113の写真を貼らせてもらいますw
ヨーイチさん、ハンバーガーショップも開いており、最後ゴチになりました(感謝)
これからいろいろなイベントにM113を出すそうなので、ぜひとも実物をご覧になってください。完成度に声出ますから。

s-P1040890.jpg
微乳会こと、ツイッター若手ベトナム戦争研究会の面々(正式名称ではありませんw)
その時僕は戦友のゴールドマン中尉、少佐殿、DJvietnam殿と、めちゃOldな話で盛り上がっておりました。Toyoさん、今度は夜もいてね。

s-71313.jpg
ツイッター若手ベトナryの面々は、二日目はVCとなり、滅茶苦茶手ごわい敵となりました。
接敵して捕虜で捕まえたのは、このメンバーです。
「捕虜を返せ」「嫌だ」のやり取りをガチでやった事を書き添えておきますw

IMG_1860.jpg
色々と連絡を取り合い可愛がってきたレバサシ君と、今回初めて会う事ができました。
今度はゆっくりお話ししましょう!

書きたい事は色々あれど、ここらでひとまず終わりにします。
あの二日間お会いした皆さま、本当にありがとうございました。
リアルでアホな私を見て、フォローを切らずにいてくださった皆様、ありがとうございますw
ツイッターではバカを相変わらずやりますし、また体調を整えてベトナム戦イベントへ参戦致します。
来年もまたお会いしましょう!

IMG_1868.jpg


スペシャルサンクス!
鳩科様
アイヘン様
いな様
素晴らしい写真ありがとうございました!
関連記事
次のページ