fc2ブログ

買い物狂いの備忘録

40代の物欲にまみれたオッサンの備忘録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など備忘録的に書いてます。

NAVY SEALs関連記事のまとめ

昨年から、ベトナム戦争時代のシールチームの歴史や色々な考察を書いてきました。
今まで日本ではほとんど知られていなかった、NAVY SEALsの初期の歴史や作戦行動などを色々書けて、僕自身も大変勉強になりました。
ただその該当記事に行くのに、このブログのデザインだとえらく面倒だというのに気が付きましてw,改めてこの記事から各ページに飛べるようにしようかと思います。

インターネット見て人の装備マネする前に資料買えよ、という記事w

ベト戦SEALS入門


年代別に装備や被服の流れをまとめた記事

装備被覆の変遷

NAVY SEALsの創設~ベトナム戦争終結までの歴史

NAVY SEALs の歴史 序章
NAVY SEALs の歴史 1 誕生~ベトナム戦争への道
NAVY SEALs の歴史 2 戦火の中へ(1966~)
NAVY SEALs の歴史 3 転換点 テト攻勢(1968~)
NAVY SEALs の歴史 4 ベトナムからの撤退


1965-1966年、ベトナムへ派兵されたUDT/SEALチームについてまとめたお話。

1965-1966 Part1
1965-1966 Part2
1965-1966 Part3

1968年、テト攻勢下でのNAVY SEALs/UDTの作戦行動についてまとめたお話。

テト(1968) part1
テト(1968) part2
テト(1968) part3
テト(1968) part4
テト(1968) part5
テト(1968) part6

ベトナム戦争下、案外と知られていないUDTチームの事を書いた一編。


UDT in Action

現用勢のリクエストにお応えして書いた、グレナダ侵攻時のNAVY SEALsの行動について。
(もうこの後の時代は自分で翻訳して)

Seals in action グレナダ侵攻作戦


ベトナム戦争中、暗殺作戦として知られたフェニックス計画とPRU(省偵察隊)についてまとめたお話。

フェニックス 1967-1971

ベトナム戦中、シールチームが使用した武器に関しての記事。

Navy SEALs Weapons
Navy SEALs Weapons 2

40mmグレネードランチャーとSEAL
SEALとストーナーマシンガン

SEALチームで使われた有名なシステム23 M60デスマシーンに関しての記事。

死の咆哮 DEATH MACHINE

戦術的、装備的な考察。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2


ベトナムSEALsが使用した、有名な装備であるSEALベストとコートに関してまとめた記事。

SEALベストとSEALコートのお話
SEALベストとSEALコートのお話 2


NAVY SEALsのトレードマーク、UDTライフプリザーバーの紹介記事。

UDTライフプリザーバー雑記

同じくベトナム戦SEALsの代名詞となった、シールチームとジーンズに関する記事。

Navy SEALSはジーパンの夢を見るか

Navy SEALSはジーパンの夢を見るか(改訂版)

あまり知られていない、米海軍EODチームについての記事
ベトナム戦争における海軍EODチームについて

SEAL隊員の従軍記
POW Raid
ベンのPRU

とりあえずこのようにまとめてみました。
これからも時間が許す限り、ベトナム戦中のNAVY SEALsの事を書いてみようと思っております。



関連記事
スポンサーサイト



Navy SEALSはジーパンの夢を見るか(改訂版)

以前「Navy SEALSはジーパンの夢を見るか」という記事を書かせていただきました。
2013年に投稿して以来、色々な情報が入ってきました。今回は改訂版という事で書かせていただきます。

きっかけは、FacebookのSOGコミュニティのある投稿からでした。

ベトナム戦争中のSEALsは、何故ブルージーンズを履いていたのか?
海外でも何度も繰り返されている論争ですが、新しい情報を得る事ができました。
今回の記事を書くにあたり、コミュニティの管理人であり熱狂的なSEAL/UDTコレクター研究家であるMike氏にご協力を頂きました。
改めて謝辞を述べさせていただきます。

1 戦術の変化
1968年 テト攻勢後激化するVCの攻撃だったが、SEALチームは積極的な戦術を採るようになる。
当時SEALが行動していたメコンデルタ地帯では水路が網の目のように広がり、そこをサンパンと呼ばれる小舟で人々は移動していた。
19272213022aae95ee60c144d5ba6d2e.jpg

その水路を使い共産軍はサンパンに物資や人を載せ、夜間水路を移動する方法をとっていたのだ。
SEALチームは水路の周辺へ隊員を配置し、移動をするサンパンを待ち伏せ攻撃をよく行っていた。
他にも敵の集結地や拠点などへ夜間攻撃を行うなど、夕暮れから夜にかけて行動する方が「仕事がしやすい」という事を学んでいたのだ。

2 誰が始めたのか?
長時間水に浸かり不快ともいえる環境の中で、SEAL隊員達はさまざまな工夫をしていく。
履いているトラウザースのわたりを細くスリムにして、ブッシュにひっかかりにくくしたり、トラウザースの横に付けられたカーゴポケットを外すなどして、そこに水が溜まるのを防いだというカスタマイズも行われていた。
1969年、SEALTEAM-1(以降ST-1とする)のある隊員が、ジーンズを履くアイデアを思いついた。
当時は1回の作戦行動が24時間を超える事があまり無く、そして主に活動をしていたのが水辺であった。

〇当時使われていたファティーグよりも耐久性がある
〇ジーンズの生地が厚いので、虫などへの防御力がある
〇スリムで引っかかりが少ない。要は余計な音を立てにくい。

以上の理由でジーンズが使われ始めた。
ジーンズは支給されたものではなく、隊員達は個人でリーバイスの501か505を購入して使った。ボタンフライとジッパーフライで隊員の好みが分かれたようである。

リーバイス以外に他社のジーンズが使われていたかという疑問に対して、Mike氏曰く1972年の夜間訓練時にLee社のジーンズが使われていたという返答があった。

3 運用
1970年に入ると、ほとんどの小隊がリーバイスを履くようになった。だが、タイガーストライプやERDLにこだわる小隊も存在はした。
SEALTEAM2(以降ST-2とする)は当初、リーバイスを好まなかったが、1970年半ば過ぎにはST-2の隊員も好んで履くようになった。
ERDLトラウザースのカーゴポケットをジーンズに縫い付けるカスタムも行われたが、それは少数に留まった。
あとSEAL隊員は、ジーンズの裾をまくり上げる事はしなかった。
今の我々が当時の写真を見て、ジャングルの中ではジーンズの青が目立つのではと思うかもしれない。
だが当時のSEAL隊員は、川辺やマングローブ林の中を這いずり泥だらけとなっていた。それにジーンズの青は夜間戦闘で問題になるはずも無かった。

「ジーンズは裂けたり破れたりしなかった。それにブッシュの中では静かに動けた」
ST-2元隊員

「キャミー(トラウザース)に比べたら、引っかかりが少なくて非常に楽だった。私はポイントマンとして静かに動かなければいけなかったのです」
元隊員

ベトナム戦争時のSEAL隊員がジーンズを履いたのを見て、ファッションと思った人もいるかもしれないし、実際自分も初めて見た時にそう思ってしまった。
今回コミュニティの議論で、リーバイスジーンズはSEAL隊員のステータスシンボルであり、クールに見える機能的な方法であったとする回答者がいた。
その回答者への反論で,管理人であるMike氏が返答を書いていた。

ベトナム戦争では腰に吊るした装備とGPS代わりのリストコンパス、カスタムメイドの弾薬ベスト、持てるだけの弾薬を持ち、自分たちでいろいろと改造していたのがすべてだったんだ。1970年のST-1では、そのようなスタイルが主流になったが、結局のところ、見てくれよりも機能が重要だった。
今の人は過去を見て、"昔 "に何が行われていたかを見て、何がクールだったかを選ぶという利点がある。ベトナム戦争中のSEALにはそのような利点はなく、後に標準的な手法となるようなものを作り、開発するのに忙しかったんだ。”

他にもこう答えたコミュニティメンバーがいた(彼は1980年代にSEALチームに在籍)

”海軍に入隊してST1に入隊したのは80年代初頭です。VN時代のSEALsはまだたくさん現役で活躍していて、最初の小隊長にこのことを聞いてみました。彼のコメントは、かっこよくなるためではないことを除けば、ここでほとんどの人が言っていることと同じようなものでした。 (中略) 当時、SEALsが最も理にかなった服装や行動をする自由があったことは事実ですが、それはファッションやエリート意識ではなく、成功を高めるためのものでした。新兵が最初の配備でジーンズを履いていたとしたら、それは経験者からそのようにアドバイスを受け、そこから教訓を得たからでしょう。日々敵との戦いで殺られる前に殺るという状況の中で、誰もチームの弱点と見られたくなかったんでしょう。なぜなら、当時のSEALはそういうものでしたから。”

当時のSEAL隊員が愛用したジーンズ、それは奇抜なアイデアやクールなファッションではなく、過酷な環境で効率よく戦う為のアイテムであったのだ。
boyhan06_20220221193100108.jpg
関連記事

装備被覆の変遷 

久しぶりにミリタリーネタを書いてみようと思います。
ベトナム戦中のSEALチームですが、とりあえず迷彩服を着てジーパン履けばオッケー的なイメージがあるのではないでしょうか(笑)
年代によって被覆、武器、装備の違いが発生していきますので、今回メモ的な感じで書いてみようと思います。
なので、細かいツッコミを頂いたら随時修正していきます。
イベントの年代設定の参考にしていただけたら幸いです。

1966年 SEALチーム1ベトナムへ正式派遣
241230045_243389361029492_7164208712506899603_n.jpg

武器 XM-16(M16) XM177 M60機関銃 M79グレネードランチャー イサカM37ショットガン
M3グリースガンについては、45ACP弾を使用し弾倉が重いので、携行できる弾数が限られる。なので使用されていたとしても初期に限られると考えられます。
陸軍のSOGチームがこの時期使っていたM45カールグスタフについては、確実な資料が無いので言及を避ける事にします。

服 タイガーストライプ ダックハンターカモ

装備 M1956装備 BARベルト等
BARベルトに関しては、66年以降も使用されています。


1967年 SEALチーム2派遣
SEALsST2nam.jpg


武器 M16 XM177 M60機関銃 XM148グレネードランチャー ストーナー63軽機関銃 HK33(T223)  イサカM37
XM148ですが、ベトナムへ送られたのは1966年11月。色々と不具合が見つかりましたが、最後までXM148を使っていたとの事。
詳しくは、こちらのエントリーをどうぞ。
ストーナー機関銃ですが、こちらの記事をどうぞ

HK33(T223)ですが、1967年にSEALチーム2で限定的に使われていたのが確認されています。

服 タイガーストライプ リーフパターン(コットンポプリン) 

装備 M1956装備  
SEALベストが使われ始めた年代については、宿題とさせてください。1967年~1968年くらいでないかと思われますが…


1968年 テト攻勢
ff375fb14393a18e10a7321281ca265b.jpg
Navy SEALs from SEAL Team 2 Circa 1968

武器 M16 XM177 M60機関銃 XM148 イサカM37 ストーナー63機関銃 ストーナーMk23コマンドウ機関銃 

服 タイガーストライプ リーフパターン 1968年に、地元の農民服を着て行動したSEAL隊員の記録があります

装備 M1956装備 SEALベスト登場? M1967ナイロンポーチを写真の中で見る事もできます。



1969年
45639764_10155813703840812_7329187899067334656_n.jpg


武器 M16 XM177 M60機関銃 XM148 イサカM37 ストーナー軽機関銃
1968年のテト攻勢後、攻勢の主力であったベトナム解放戦線の勢力が大損害を受け弱体化。主な敵がベトナム解放軍(北ベトナム軍)となり、SEALチームの火力増強が計られるようになる。
ショットガンは正規軍相手に火力不足になる為か、このころから見られなくなっていく。

服 リーフパターン タイガーストライプ 農民服 ジーンズ
1967年に登場したリーフパターンが、ローカルメイドの迷彩服を駆逐し始める。
SEALがジーンズを履き始めた年代についてですが、1969年ごろという話があり。こちらにまとめましたのでご覧ください。

装備 M1956装備 SEALベスト SEALコート
SEALベストとコートについては、こちらのエントリーを参考
SEALコートは1969年にベトナムへ送られてはいますが、実際の着用例は少ないです。



1970年
uP-shRzGAfVhE-fi3g7TRdZ9C_42OcuwAPXZdKD21_Y.jpg
Foxtrot platoon, SEAL team 1 at Sea Float, ca. 1970 Vietnam


武器 M16 XM177 XM148 XM203(M203グレネードランチャー) ストーナー軽機関銃 M60機関銃
XM203グレネードランチャーは、1969年末にベトナムへ送られていますが、一応1970年のくくりへ入れさせていただきます。

服 リーフパターン 農民服 ジーンズ タイガーストライプ

装備 M1956装備 SEALベストなど



1971年 ベトナムから公式の撤退
193479495_184371910264571_2115176613501406652_n.jpg
Dong Tam, Vietnam 1971, Victor Platoon, SEAL TEAM ONE.

武器 M16 XM177 XM148 XM203 ストーナー軽機関銃 M60機関銃

服 リーフパターン 農民服 ジーンズ
1971年になると、タイガーストライプを着ている兵士の姿がほとんど見られなくなる。共同作戦を行う南ベトナム軍の兵士などに、タイガーストライプを着る例が見られる。

装備 M1956装備 SEALベスト SEALコート
M1967装備の使用例は確認できるがわずかである。戦争全般でM1956装備が使われている。

1971年上旬には、SEALチームは公式に活動を停止している。


ざっとまとめてみました。
年代が進むにつれ、武器や装備が変わっていくのが分かるかと思います。
SEALチーム1と SEALチーム2で、使用している武器の仕様が変わっていたり、取られている戦術なども変わっていきますが、これはまた後日書かせていただけたらと思います。
ご意見のある方は是非とも! 加筆修正致します!(笑)
関連記事

2022年

寒中お見舞申し上げます。
ブログを久しぶりに見直してみたら、昨年の7月以来全然記事を書いていなかったですね。
頭の中で色々な構想はあるのですが、それをブログ記事にまで書けるだけのやる気を誰かください....(笑)

昨年はコロナ感染が酷く、夏に行われたベトナム戦イベントへは全て欠席をしてしまいました(行くタイミングが悪かったのもありますが)
遠征をしてそこで病気を貰う事が絶対に赦されない私にとり、仕方がないと思う反面くやしさもありました。
そんなモチベーションがダダ下がりとなってしまった時、私が所属するチームシーハウンドで初の撮影会をやろうという話が出ました。
やるのならば完璧を目指して、リーダーのウルゲイル大尉の元、チームの皆が一生懸命頑張りました...

チーム・シーハウンド撮影会

LINE_ALBUM_撮影会加工写真_220120_186

お時間がある時にでも、是非ともご覧ください。
私はM60のガナーをやらせてもらいましたが、Tシャツの上に弾帯を巻きその上からERDLの上着を着るスタイルで行きましたので、非常にわかりずらいカッコウになってしまいました。
S__26763295.jpg
S__26763294.jpg
当時、ストーナー射手やM60のガナーなどが、むき出しになった弾帯へ汚れが付着するのを防いだり、弾が反射しないように上着やTシャツなどを上から着る手法があったそうです。
D1p3lKMUYAE8zkz_20220121182900dc1.jpg
(真ん中のストーナーマンと左でしゃがんでいるM60射手に注意)

全くイベントへ行けないと思われた2021年ですが、コロナが落ち着いた後半になりスペシャルイベントへ行けて本当に良かったです。
2022年1月21日現在、オミクロン株の感染が猛威を奮っておりますが、今年の夏こそはまたイベントで皆様とお会いできればと思っております。

あとここのブログですが、サボらずにぼちぼちやっていきますので、2022年もよろしくお願い致します。
関連記事

スーベニアジャケット再び(2回目)

スーベニアジャケット関連の記事はこちらからどうぞ。
スーベニアジャケットにも手を出してみた 1
スーベニアジャケットにも手を出してみた そにょ2
スーベニアジャケットにも手を出してみた これで最終回
スーベニアジャケット再び

お久しぶりです、今年2回目の投稿となります。
3月にスーベニアジャケットを入手する事ができ、あれでお腹いっぱいになっていた...と自分でも思っていましたが、コレクターというものは業が深い生き物なのでしょう。
親しくしてもらっているToyoさんから、
「物欲氏の持っているEAのタイガージャケット、あれの背中に刺繍を入れませんか?」
というオファーを頂き、今回ほいほいと話に乗ってしまいました。
前回同様、お願いをしたのは沖縄のムギストアー様。
本当はBDUなどの厚い生地への刺繍は、非常に手間がかかるとの事でNGなのですが、Toyoさんからの口添えでなんとかOKを頂きました。
現在ムギストアーさんでは、新規の電話注文を受け付けておりません。
注文をしたい方は、現地へ行って直接オーダーをしてください。
背中へ入れる刺繍のモチーフですが、やはりアシカ。
元絵はこちらとなります。


素案5
ワッペンの画像を切り抜き、それに補正をかけた元絵を作ります。
soan.jpg
こんな感じでロゴを入れたり、チームの名前を入れたりします。
S__26026001.jpg
チームのスローガンを入れたりすると、カッコイイですよね。
こんな感じで元となるイラストを作製します。
Scannable の文書 (2021-06-21 16_26_25)_page-0002
Scannable の文書 (2021-06-21 16_26_25)_page-0001
Toyoさんやチームリーダーのウルゲイル大尉から助言を頂き、細かな仕様書も添付しておきます。
これで一度沖縄へ送り、ムギストアーの親方である麦倉さんと色味や細部の仕上げについて電話で打ち合わせをして、あとは完成を待つことになります。

細かい色指定がされているのが分かります。
そして完成したのがこちら。
S__26312723.jpg
S__26312722.jpg
目を鋭くしてもらい、アシカの髭の解釈も完璧です。
タイガーストライプの生地へ、立体的にアシカの刺繍を施されています。
近年コンピューター制御のミシンが全盛となり、昔ながらの手振りミシンによる刺繍を行う職人がめっきり減って来たとの事。
電話で麦倉さんと話をしていて、もしかしてこれが最後になるかもとの言葉に,思わずはっとしてしまいました。
数年越しですが、EAジャケットの背中へ刺繍を入れる夢がかないました。
色々と骨を折ってくれたToyoさん、あと素敵な刺繍を施してくれたムギストアーさん。本当にありがとうございました。


我が家のスーベニアジャケットコレクション。やっぱりカッコイイなぁ。
今年の秋冬は着こなそうね。

関連記事
次のページ