FC2ブログ

買い物狂いの備忘録

40代の物欲にまみれたオッサンの備忘録です。ミリオタ、ガンオタ、あと洋服の事など備忘録的に書いてます。

NAVY SEALs関連記事のまとめ

昨年から、ベトナム戦争時代のシールチームの歴史や色々な考察を書いてきました。
今まで日本ではほとんど知られていなかった、NAVY SEALsの初期の歴史や作戦行動などを色々書けて、僕自身も大変勉強になりました。
ただその該当記事に行くのに、このブログのデザインだとえらく面倒だというのに気が付きましてw,改めてこの記事から各ページに飛べるようにしようかと思います。

インターネット見て人の装備マネする前に資料買えよ、という記事w

ベト戦SEALS入門


NAVY SEALsの創設~ベトナム戦争終結までの歴史

NAVY SEALs の歴史 序章
NAVY SEALs の歴史 1 誕生~ベトナム戦争への道
NAVY SEALs の歴史 2 戦火の中へ(1966~)
NAVY SEALs の歴史 3 転換点 テト攻勢(1968~)
NAVY SEALs の歴史 4 ベトナムからの撤退


1965-1966年、ベトナムへ派兵されたUDT/SEALチームについてまとめたお話。

1965-1966 Part1
1965-1966 Part2
1965-1966 Part3

1968年、テト攻勢下でのNAVY SEALs/UDTの作戦行動についてまとめたお話。

テト(1968) part1
テト(1968) part2
テト(1968) part3
テト(1968) part4
テト(1968) part5
テト(1968) part6

ベトナム戦争下、案外と知られていないUDTチームの事を書いた一編。


UDT in Action

現用勢のリクエストにお応えして書いた、グレナダ侵攻時のNAVY SEALsの行動について。
(もうこの後の時代は自分で翻訳汁wwww)

Seals in action グレナダ侵攻作戦


ベトナム戦争中、暗殺作戦として知られたフェニックス計画とPRU(省偵察隊)についてまとめたお話。

フェニックス 1967-1971

ベトナム戦中、シールチームが使用した武器に関しての記事。

Navy SEALs Weapons
Navy SEALs Weapons 2

SEALチームで使われた有名なシステム23 M60デスマシーンに関しての記事。

死の咆哮 DEATH MACHINE

戦術的、装備的な考察。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2


ベトナムSEALsが使用した、有名な装備であるSEALベストとコートに関してまとめた記事。

SEALベストとSEALコートのお話
SEALベストとSEALコートのお話 2


NAVY SEALsのトレードマーク、UDTライフプリザーバーの紹介記事。

UDTライフプリザーバー雑記

同じくベトナム戦SEALsの代名詞となった、シールチームとジーンズに関する記事。

Navy SEALSはジーパンの夢を見るか


とりあえずこのようにまとめてみました。
これからも時間が許す限り、ベトナム戦中のNAVY SEALsの事を書いてみようと思っております。



関連記事
スポンサーサイト

Olongapoバンドを作ってもらおう!

olongapoバンドって何?
と思われた方もいらっしゃると思うので、olongapoバンドとはなんぞやという歴史の話からしてみましょう。
フィリピンのスービック海軍基地は第二次世界大戦前より、米軍の東南アジアでの最大の軍事重要拠点であった。
subic.jpg
ベトナム戦争中、海軍の水兵達が休暇で過ごした場所でもあるが、そこの歓楽街ではUDTSEALの隊員も休暇を楽しんでいた。
スービック海軍基地のあるオルガンポ市には装飾品を作る職人がおり、そこで記念品として装飾を施されたブレスレットや時計バンドが作られた。
DAVIS.jpg
ebbaca023173050cbff5e296786d17c2.jpg
各部隊ごとのエンブレムが飾り付けられたバンドは兵士達の間で流行り、このブレスレットはスービック海軍基地のあったOlongapo市にちなみ、olongapo Bandと呼ばれた。
ここで名著Seal in VietnamのUDTの項にて、SEAL/UDTで任務中唯一Olngapo Bandを使っている写真がここにある。
mikeslattery_20(Medium).jpg
1971年1月3日、太平洋艦隊に所属しダナンを拠点とするUDT-13所属マイク・スラタリー中尉が、ベトナムの破壊された橋脚の下で任務に就いていた写真である。
-_20theboys.jpg
-_20theboys-1.jpg
スタラリー中尉はこの後、SEALチーム1へ転属する。
ここでベトナム戦争中、UDT/SEALへ支給されていた時計の事を書き添えておく。
SEAL隊員が使われていた時計で有名なのがベンラス社のタイプ1だが、1960年代BUD/S(選抜課程)を突破したSEAL/UDT隊員へ支給されたのは、Tudor Submariner reference 7928モデルであった。
inside_tudor_watch_archives_38.jpg
時計の12時方向に小さな薔薇のマークがついているので、通称「薔薇サブ」とも呼ばれている。
G.jpg
スタラリー中尉はUDT-13に所属していた際、Tudorに付けられたOlongapoバンドをペンキで黒く塗って使用し、ST-1へ転属した際は黒いナイロン製時計バンドへ付け替えて使用したとの事だ。
dsc02410_edited.jpg
dsc02400_edited.jpg
dsc02401_edited.jpg
dsc02409_edited.jpg
dsc02407_edited.jpg
こうして兵士達の間で流行ったOlongapoバンドだが、ピナトゥボ火山の噴火によりスービック海軍基地が閉鎖された後、時計コレクターの間で知る人ぞ知る逸品となった。
ダウンロード (1)
ダウンロード
martijn.jpg
post-492-1202241908.jpg
Olongapoバンドの歴史をざっくりと書いてみました。
数年前、海外の時計フォーラムでこのバンドの存在を知り色々探していましたが......現在でもOlonpapoバンドをオーダーで製作してくれる職人を探し出し、コンタクトを取り注文してみました。
フィリピンのOlongapo市在住の職人さんで、Facebookでページを開いています。
Olongapobands
デザインですが、テンプレートの徽章が何種類かありますので、それを時計バンドの12時方向と6時方向へ何を付けるかを決めます。
images_2019070611460355b.jpg
特殊な部隊章も、デザインをしっかり描いたり資料を添付してあげると作ってもらえます(ちゃんと聞いてみよう!)
無論バンドの裏にも字を彫ってもらえますし、部隊のスローガンなんかを入れてもカッコイイかもです。
そこで金額の見積もりを出してもらえます。
写真 2019-05-20 17 56 07
デザインが決まったら、時計の採寸です。
時計の幅を計測します。バンド取付部の幅です。
to1.jpg
to2.jpg
to3.jpg
バンドを取り付けるピンの太さを計測します。
ここで、昔の軍用時計のようにピンが外せないモデルも存在します(例えば1980年代のMARATHON)
時計バンドも外せないダイバーズウオッチも存在しますから、時計屋さんで聞いてみるのも良いでしょう。
写真 2019-05-20 17 54 09
写真 2019-05-20 17 54 14
写真は、我が家に転がっていたオメガのシーマスター。このモデルはバンドと本体が一体となっているので、外すのは不可能なんです。
ピンを外せるかどうかも必ず伝えてください。ピンが外せなくて固定されているモデルでも、バンドを作ってもらえます。
安いノギスでかまいませんので、正確に測りましょう。
最後に重要なのは、自分の手首をしっかり計測してください。
以上の計測は、絶対適当にやらないでください。
言われた通りの寸法で職人さんが作りますので、納得がいくまでデザインを考えて寸法を測ってください。

以上をふまえ
デザイン
各部の寸法
ピンが外せるかどうか
時計の全体写真も添えてメールしてください


以上全部英語でのやり取りとなります(笑)
私は無料翻訳機を駆使して文を作りましたが、中学英語程度の話となります。そこは頑張ってください。
自分の力で頑張ってください!!完成した時の喜びがひとしおです(注文代行してと言われそうなので、私は絶対嫌だから先回りして書いておきますw)
後はpaypalで支払い、到着まで待ちます。
到着したら、腕に付けて愛でましょう!
今回自分が注文したのはこちら
IMG_224s9.jpg
ファイル 2019-07-04 20 03 04
ファイル 2019-07-04 20 02 55
リーダーであるウルゲイル大尉のバンド
3478.jpg
3479.jpg
チームの火力の要 ニック少尉のバンド
S__61317124.jpg
Olongapoバンド、海軍だけでなく陸軍のデザインもできますよ。
8405_1121661051178566_3099158240339216589_n.jpg
12806058_1121661054511899_7039966070582227464_n.jpg
12321590_1121661057845232_2882353602555132843_n.jpg
12805688_1121661124511892_3471051931164710038_n.jpg
最強ミリオタイキリバンド、あなたもいかがですか!
Thank you Jaffy San!!
関連記事

ベトナムSEAL 手榴弾携行方法について

本日のお題ですが、ベトナム戦時のSEALがどのように手榴弾を携行したかについて書いてみようと思います。

通常歩兵は手榴弾を2個携行します。
1966年、SEALチーム1がベトナムのメコンデルタ地帯へ正式に派遣され、泥の中で共産勢力と戦い経験を積んでいきます。
その後、アメリカ本土からSEALチーム2の部隊がベトナムへ増派され、戦線は拡大していきます。
そこでSEALチーム2の隊員は、先遣として戦ったチーム1の隊員から訓練を受け様々な事を学んでいきました。
これに関しては、この記事を参照してください。

1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その1
1967年 SEALチーム2の作戦行動より抜粋 その2

作戦へ出る隊員は、攻撃型手榴弾を4個は携行すべきとあります。
手榴弾は手軽で強力な攻撃手段なので、多く持っていったのでしょう。
そこで、どのように手榴弾を持っていったのか。

1_201906141733092c7.jpg
米軍のマガジンポーチの横には、手榴弾のレバーを差し込み保持するループが取り付けられています。
2_20190614173432982.jpg
LC-2マガジンポーチですと、手榴弾をしっかりと保持できるポケットが付いていますね。

それ以外に、手軽な携行方法としてサスペンダーやピストルベルトへ手榴弾のレバーを差し込むという方法があります。
5.jpg
3_20190614181617f6d.jpg

手榴弾自体重さが450gほどありますが、やはり激しい動きなどをしたら落としてしまう恐れがあります。
そこで、こんな事をします。
4_201906141818376eb.jpg
用意するのは、太目の輪ゴム。
5_20190614181838152.jpg
手榴弾のレバー下部を少しだけ曲げて引っかかりを作ります。
8.jpg
7.jpg
こうして輪ゴムをかけて脱落防止をします。

以前Cレーションのスプーンを使った脱落防止法を紹介しましたが
記述してある英語の誤訳
実際に行われたのが確認されておらず、この輪ゴムを使った方法が一般的だった
というご指摘を頂き、ここに訂正させていただきます。
ご指摘くださったDJ-Vietnam様には深く感謝致します。
関連記事

色々な準備をしてますよ

今回は、小ネタを色々書いていきます。

アホカリプス2019へ今年も参戦する事となり、先日から色々な準備をしております。
体調を崩してから色々な装備品を処分してきましたが、自分のクローゼットには積層のように訳の分からん品物が置いてあります。
例えばこれ。
写真 2019-06-02 8 14 17
写真 2019-06-02 8 14 23
7.62mm演習用空砲のメタルリンクベルトですが、コスプレ用で仕舞っておりました。
だけど長年手入れもせず、入手した段階で真っ黒なこのベルト。これを綺麗にするには、一発一発外して磨かないとダメかなぁと思っておりましたが、先日検索していたら素敵な方法で手入れをされている方がおりました。

写真 2019-06-02 8 03 05
キンチョーのティンクル


真鍮製のカートリッジの清掃には、クエン酸、重曹、トイレのサンポール等色々な方法がありますが、ズボラな私はティンクルをかけて清掃してみたいと思います。
写真 2019-06-02 8 03 16
流しの中でカートリッジをいれ、そこにティンクルをまんべんなく吹きかけます。
そのまま寝かす事10分、ブラシで汚れを擦りながら流水で流していきます。
汚れを落としたら、よく乾燥させその後にシリコンスプレーをかけてあげましょう。
写真 2019-06-03 13 05 24 (1)
作業後の写真がこちら。
まあまあ綺麗になったかと思います。
自分は300発メタルリンクベルトを持っておりますが、定期的に油を吹いているので真鍮が黒くならずに済んでおりますが......
野外で撮影とかした後のお手入れは忘れずに。

次はこちら。
写真 2019-06-02 8 49 38
SEALコスプレの友、リーバイス501ジーンズ。
長年にわたり使ってきたので、色々とくたびれてきました。
そこでこれ。
写真 2019-05-21 23 18 12
ダイロンプレイアムダイ ジーンズブルー

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.41 ジーンズブルー [日本正規品]
ダイロンジャパン(DYLON Japan)
売り上げランキング: 2,160


もちろんカラーストップも購入しました。
DYLON カラーストップ (色止め剤) 50ml [日本正規品]
ダイロンジャパン(DYLON Japan)
売り上げランキング: 63


染物開始です。
写真 2019-06-02 8 58 45
写真の撮影ができなかったので、ダイロン公式のYoutubeを貼り付けておきます。


染めた後......
写真 2019-06-03 13 06 44
写真 2019-06-03 13 06 50

鮮やかなインディゴブルー....という感じかなw
まぁ、白くなった所もまんべんなく染まりましたので、良しとします。
写真 2019-06-03 13 06 58
写真 2019-06-03 13 07 08
ジーンズの裏までしっかり染まってしまいましたが、使用には問題は無いですね。
あと何回か水洗いして馴染ませて、本番まで待つとします。

最後にもうひとネタ。
Twitterでお友達と会話をしていた時の事。


タカラトミーで、こんなレコードプレイヤーが出ているよという事でツイートが流れてきました。
pikon.jpg
これは使えるかも

という事で検索して数日後、会社へこれが届きました。
D78mYDoUEAAvw1J.jpg
D78mYDsV4AAnAv_.jpg
サンスイポータブルオーディオ MSR-1

だって、こっちの方が使い勝手が良さそうなんだもんw
充電5時間で、
bluetoothモード14時間
ラジオ17時間(中音設定)
USBとマイクロSDカードを差し込むスロットもついていますので、使い勝手は良さそうです。
手持ちのiPhodとペアリングしてみました。

キャンプ地の雰囲気も壊さずに音楽を楽しめるのは良いですね。

こんな感じで、準備を粛々と進めていきます。
関連記事

バブアーのコートをリプルーフしてみる

今まで散々バブアーのネタをやってきました。

購入して数年経過し、クリーニングを一切しないバブアーのコートもえらくくたびれてきました。
バブアーのようなオイルドコートは、

洗剤を使って洗濯禁止
お湯を使って洗濯禁止
洗濯機なんてもってのほか


という、綺麗好きの自分には到底耐えられないお手入れの鉄則があります。
今までお手入れとして

汚れた所を水拭き
ブラッシング
陰干し
内張へファブリース


という方法で凌いできましたが、今年コートのリプルーフに挑戦する事となりました。

今からこのブリカスコートをしばきます。
写真 2019-05-12 9 59 21
写真 2019-05-12 10 01 38

ここで登場するのがこれ
写真 2019-05-12 10 01 47


洗剤禁止じゃねーか!
と思った方もいらっしゃると思います。でもだって汚いし臭いし、これくらいは冒険したいと思うのですよ。

写真 2019-05-12 10 04 19
バケツの中へ冷水とエマールをぶち込みます。
写真 2019-05-12 10 04 26
入れてかき混ぜただけで、黒い水が出てきました。

一時間洗剤へ漬け込んだ後、流水でエマールを流します。
写真 2019-05-12 11 20 51
スポンジでしっかり擦りながら、洗剤を流すのですが......得体のしれない汚れが排水溝へ流れて......
家人が不在の時にやるのが良いですね(ワンポイントアドバイス)

汚い
写真 2019-05-12 11 20 55
写真 2019-05-12 11 26 06
何年にもわたり蓄積してきた汚れ、コートについていたオイル、人間の情念など様々なものがバケツの底へ溜まっています。

写真 2019-05-12 11 29 00
洗濯機で脱水かけようと思いましたが、洗濯機が汚れると家人からシメられるので、そのまま軒下へ吊るして干しました。

写真 2019-05-12 19 58 59
写真 2019-05-12 19 59 10
乾燥後
なんて事でしょう。素敵なエマールの香りに包まれたコートがそこにありました。
オイルが完全に落ちきってないので、あちこちムラになっていますね。
禁忌である洗剤洗いをしたので縮みを心配したのですが、生地が傷んだ様子も縮んだ感じもありません。
温水と洗濯機を使うと違う結果になったかもしれませんが、まぁ試す気はありませんねw

ここでリプルーフ、コートへオイルの再塗布を行うのですが、本来ならばバブアー社の純正を使います。


だけど今回は、あえて使いません。何故ならば
バブアーのオイルはかなり臭う
からですw
家人からも苦情が来てしまうので、今回はあえて別のオイルを使ってみました。
フィッシングやハンティングウエアで有名なフィルソン社のオイルです。
写真 2019-05-19 8 17 31
天気の良い日曜日、ベランダで作業してみました。
写真 2019-05-19 8 20 08
湯煎でオイルを柔らかくして(直火禁止)、それを手で直接刷り込みます。

手がベタベタになっているので、撮影なんてできませんw

オイルを塗布している動画を見つけましたので、参考にしてください。

写真 2019-05-19 9 08 20
コートへオイルを塗ったら、ドライヤーをかけて靴用ブラシで伸ばして生地へオイルを馴染ませます。
写真 2019-05-19 9 13 08
オイルを塗った直後です。
これを天日干しして、乾かします。

数日ほど乾かして完成です。
後日調べてみたら、バブアーなどのオイルドコートのクリーニングをしてくれる業者さんがいるのですね。
でも数万円はかかるリプルーフ。自分でやればオイルの代金2000円くらいでできちゃいます。
このシーズンオフに挑戦してみたらいかがでしょうか。
関連記事
次のページ

FC2Ad

まとめ